英会話の勉強の環境は日々整っていっている

英会話の勉強方法というのは巷にたくさんありますし、今は情報もあふれています。一昔前までの勉強とは、大分違った環境と勉強方法が日々新しくなったり便利になっています。

 

中学、高校、大学など、学校の授業で英語を学習していた頃には、当時のスタイルの授業が当たり前だと思っていましたが、今の様にインターネットが発達して文字情報よりも映像や音声の情報が一般的になり、それが当たり前になると、むしろ違和感すら覚えることも少なくないのではないでしょうか。

 

 

英語の授業として受けるものと自発的な取り組み

OLYMPUS DIGITAL CAMERA英語の授業は義務教育のカリキュラムに組まれており、日々決められた時間を淡々と勉強の時間として過ごすというのが普通であったと思います。

 

中には、最初から英語に興味があり授業でも「積極的に物にしよう!」と思って取り組んでいた方もいらっしゃるかと思いますが、社会人あるいは自分のキャリア等を意識し始めてから本格的に英語に取り組もうと思う方も多いかと思います。

 

昔の授業であれば、すべて文字情報から入り、英語の先生の上手いんだか下手なんだか分からない発音を繰り返し聞かされたり、なんのためにやってるんだかわからない教材などもあったかと思います。

 

そういった中で受ける授業というので、高校や大学まで高いパフォーマンスを維持し続ける生徒というのはよっぽど忍耐力が強いか、よっぽどの我慢強い人ではないかと思ってしまうくらいですが、自発的に勉強する英語というのは根本的に意識として違うでしょう。

 

なんのために必要なのか?という事を自分で考え、結果的に「必要だ」と感じて勉強を始めるのですから、受動的に受けてきた授業とは効果も意識も当然違います。

 

 

今の時代の恵まれた英語学習環境を考える

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
今は、自分で自発的に勉強しようと思ったらインターネットがあります。本当に便利な世の中になり、英文のニュースはただで読めるようになりましたし、動画も無料で見れるようになりました。

参考リンク:英会話の勉強におすすめなニュースサイト

 

インターネットは日本にいても、ネイティブの発音を聞けるようにしましたし、場所も選ぶことはありません。教室にいって勉強するという制約を受けなくとも、インターネット環境があれば勉強できてしまいます。

 

通勤や通学の隙間時間を使っても勉強できるようになりましたし、参考書がなくても携帯やパソコンがあれば何も困りません。

 

今では無料の英会話教材やスマートフォンのアプリまであります。環境としては、一昔前までより格段に良くなっているでしょう。オンライン英会話サービスまで誕生し、場所と時間を選ばない英会話スクールが生まれました。

 

 

環境は整った。後は自分の英会話の目的と意志だけ

曲がり角インターネットが普及し、色々なサービスが生まれたことで、私たちにとっての英会話の勉強の環境というのはものすごく便利になりました。

 

実際に海外にいかなくとも、英語を話せる機会もありますし、英文や発音等の勉強ができる素材も無料でリーチできる時代です。

 

こういった環境にある中で、英会話を物にできるか?それとも大して物にならないか?というのは本当に簡単な話です。精神論や根性論といった話は、あまり現実的ではありませんが、実際の話、それらを有効に使えるか?もっと言えば、やるかやらないか?の世界になってくると思います。

 

そのためにも、最初の動機や目的というのがとても大切で、「なぜ?」「なんで?」「どうするの?」という英語をそもそも学ぶ理由や目的を深く掘り下げていく必要があるでしょう。

 

自分がどれだけ英語が必要か?実現したい目的、目標があるか?というのによって本気度や取り組み具合が大きく変わってくるでしょう。

 

勉強というのは常に楽しいものではありません。そのためにも、自分がなぜ勉強したいのかしっかり考えていきましょう。それでも、英語を学ぶ環境というのは最適に時代にあります。

 

自分の意思さえあれば、コストをかけずに勉強できますし、習得も可能です。そういった恵まれた時代にありますので、諦めず勉強を続けていきましょう。