海外ビジネス雑誌Forbes asia(英語版)の定期購読と購入先【まとめ】

forbes

「世界的な経営者のため」に設立されたForbes.comは、経営や産業、テクノロジーや法についてなど、富裕層やアントレプレナー・次期経営者に役立つ情報が満載された世界的な雑誌。英語版の定期購読も可能なマガジンになっています。

フォーブスアジア(Forbes asia英語版)の概要まとめ

Forbes asia(英語版)

forbes
[定価]920円
[発売日] 隔週
[販売元の国]アメリカ
hanbaiten-button

Forbes asiaの特徴とポイント

概要

1917年にハースト社のコラムニストによって創刊されたアメリカのビジネス誌。雑誌名は創始者の名前からとり“Forbes”となりました。アジア版など地域別に発行しているものもあわせて36か国で発刊されています。日本版としてはForbes JAPAN(フォーブス ジャパン)として発行されています。

世界中のエグゼクティブに読まれている1917年創刊、米国有数の歴史を誇るビジネス誌Forbes(フォーブス)の姉妹誌。
躍進めざましいアジアの経済ニュースを中心に編集されている。多国籍企業、通貨、経営、株式・金融市場などについて同誌独自に取材した国際経済ニュースと、同誌読者向けに再編集したForbes誌記事の二本立ての内容となっているのが特徴。投資、ファイナンス、最新テクノロジーといった情報から、注目のビジネス戦略やアイデアといったトピックを網羅。時々刻々複雑に変化していく経済事象や政治動向をわかりやすく解説している記事は、専門家からも評価が高い。

Fujisan.co.jp-FORBES ASIA

 

特徴

経営や産業、テクノロジーや法についてなど、富裕層経営者や企業者に役立つ情報が掲載されています。「世界的な経営者のため」に設立されたForbes.comは世界で最も利用されているといわれることもあります。世界的に影響力wもたらした人物のランキングやアメリカの金持ちランキングなど、さまざまなランキングで有名です。
Forbes – EN Wikipedia

 

おすすめのポイント

世界的に影響力の経ある経営者等とのつながりがあるところが他の雑誌とは異なるポイントです。また真面目な記事内容だけでなくスポーツについてなど、会話の話題になるような記事も掲載しています。

[公式サイト]
http://www.forbes.com/
Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

 

Forbes(英語版)定期購読について

英語版の本家そのものを購入しようと思うと、取り扱っている書店はごくごく少数に限られています。有名なところでは、蔦屋代官山、丸の内の丸善、東京駅八重洲ブックセンターなど。都心の大きな書店のみというケースが多く、お近くにこれらの書店がないといった場合はウェブでの購入が手軽かつ安く済むのでおすすめです。

定期購読であれば、送料無料での配送もしてくれるのでわざわざ発売日に足を運ぶ必要なしで自動的に自宅に配送されますので、忙しい人にもおすすめ。

定期購読の料金と送料

購読プラン 価格 一冊あたり 送料
1年(14冊) 7500円 536円 送料無料
2年(24冊) 14500円 518円 送料無料
3年(42冊) 20500円 488円 送料無料

 

Forbes asia(英語版)

forbes
[定価]920円
[発売日] 隔週
[販売元の国]アメリカ
hanbaiten-button