【大切な時間】英会話を話したいと思っているならさっそく始めよう

 

英会話の勉強をしたいと思っている方や、すでに勉強に取り組んでいる方というのは他の学問や資格に比べ、多いのが英会話の特徴ではないでしょうか。

 

専門的な資格とはまた違い、私たちの学校でもカリキュラムとして組まれていた英語なので、取り組みへのハードルやグローバル化の影響もあって、勉強に取り組む人は実際多いでしょう。

 

 

実際の英語への意識調査

政府が高校生に対する英語学習への意識調査として、報告書をまとめた資料がありますので、実際に英語への意識、勉強への取り組みをみてみましょう。

 

英語に対する意識というのは依然高い結果が見えてきます。

平成26年度 英語教育改善のための英語力調査事業報告

<調査の目的・対象>
○全国の高等学校3年生約7万人(国立校約480校)を対象に、英語に関する4技能(聞くこと、話すこと、読むこと、書くこと)がバランスよく育成されているかという観点から、生徒の英語力を測るとともに、英語の学習状況を把握・分析。(ただし、「話すこと」は1校あたり1クラスを対象)
○調査結果を学校での指導や生徒の学習状況の改善・充実のために活用。
○試験実施時期:平成26年6~9月

引用元 http://www.mext.go.jp/a_menu/kokusai/gaikokugo/1358258.htm

Q,英語をどの程度まで身に着けたいか?

siryou2

 

①~⑥の解答をした人は半数以上。「大学受験のためにも英語はできるようになりたい」と解答した子を含めると、なんと75%もの人が英語を身に着けたいと思っている結果となりました。

※解答事項詳細

①国際社会で活躍できるようになりたい
②大学で自分が専攻する学問を英語で学べるくらいになりたい
③海外の大学に進学できるくらいの英語を身に着けたい
④在学中に留学して英語で授業に参加できるくらいになりたい
⑤ホームステイや語学学習を楽しめるようになりたい
⑥海外旅行等で自分でコミュニケーションを取れるようになりたい
⑦受験に対応できるくらいの英語を身に着けたい
⑧特に英語の利用を考えていない

英語に対する関心というのは、受験のためという理由を含めてもおよそ75%もの高校生がなんらかの形で必要と思っていているというデータがでました。

 

英語の必要性やこれからの勉強への意識は高校生でも依然高いという結果ということになるでしょうか。

 

 

 

これからの英語と英会話への取り組み

オープンカフェ英語に対する関心の高さというのは、高校生だけではないでしょう。就職時にはTOEICの点数を見られることもありますし、客観的な英語力を測るものや英会話能力を問うような機会や場面もいつかあるかもしれません。

 

日本はこれからどんどん人口が減っていきます。日本の経済規模は人口と比例する部分がありますので、人口が減れば、経済規模も縮小していかざる負えないでしょう。

 

そういった将来的な事象の影響として、海外との取引や海外へのアプローチというのは自ずと必要になってくるでしょう。日本の企業が成長著しいところへ進出したり、人口の多い場所へアプローチしていくことは将来考えられることだけでなく、現在進行形で進んでいることです。

 

 

英会話、英語に備える

OLYMPUS DIGITAL CAMERAもともと、海外で働きたいと思っている方であれば、少し話は別ですが、「英会話がいつか必要になるかもしれない。でもいつ必要になるかわからない。」という人も意外と多いかもしれません。

 

しかし、英会話は一朝一夕でどうにかなるものではありません。当然、耳が慣れたり英語表現に慣れるのに時間がどうしてもかかるものです。

 

朝起きて目覚めたら英語が話せるようになっていた。なんてことはあり得ません。毎日少しでも英語に触れて、英語を意識していくことが何よりも大切になります。

 

インプットだけでなく、アウトプットの機会があれば英会話の勉強としてはベストでしょう。勉強に遅いなんてことはあり得ません。今から少しづつでも勉強に取り組んでいくことをおすすめいたします。

 

今は、勉強コストもずいぶん下がり、1レッスン100円程度で済むところもあります。そういったところも活用しながら勉強に取り組めるといいでしょう。

 

 

お財布にやさしく ビジネス英会話を ネイティブに学びたい
goodprice business improve
料金を比較してオンラインサービスを選びたいと思っている方はコチラ ビジネスでの利用を考えている方は、ビジネスに特化したサービス ネイティブから本格的な英会話を学びたいと考えの方はコチラ