英会話の勉強中に訪れる壁

英会話や英語というのは、日本で生活していたらなかなか身近なものではありません。勉強する動機でも、それこそ、海外で働きたい、海外の人とコミュニケーションをとりたい。といったような明確な目標がある人でないとなかなか腰があがらないでしょう。

 

英語が無くても、日本で働ける。日本でなんなく生活できるという環境自体は素晴らしいものではありますが、グローバルな時代にあって、英語が話せるというのは今もこれからも十分武器になることでしょう。

 

 

英語を身近に感じる

OLYMPUS DIGITAL CAMERA多くの人において共通していることは、おそらく「学生時代、英語はわりとできていたのに、いざ英語で話しかけられると言葉がでない。あたふたしてしまう」というにありがちな行動をしてしまうのではないでしょうか。

 

学生の時、授業では特にリーディングやライティングといったことをメインにやってきた方が大半だと思うので、テスト自体はわりと得意で、英作文なんかもわりとできていたのに、実際に英語で話しかけられると混乱してしまう方も多いでしょう。

 

それは無理もない話でもあり、そういった経験や返答するような機会がもともと少なかったから当然動揺するのも当たり前です。

 

車の運転も教習所で始めのうちは、動揺したりアタフタしてしまうのと同じでしょう。車の扱い方や利用方法がわかれば自然と慣れてくるのと似ているかと思います。

 

そういう意味でも英語や英会話を日頃から触れるような習慣や環境を整え、身近においておくのはとても大切なことです。

 

 

英会話における壁

OLYMPUS DIGITAL CAMERAそんな動揺してしまう経験や混乱してしまうことは、初めのうちは多いかもしれませんが、ますます英語でコミュニケーションすることを遠ざけるのではなく、前進していることと考えてどんどん慣れていきましょう。

 

英会話の勉強において動揺してしまう原因をいくつか挙げてみますので、こういった項目は「英語を身近」にするために誰もがぶち当たる壁として意識しておきましょう。

 

大したことではありません。すべて英語を身近においていれば、時間が自然と解決してくれます。

 

 

1、心(完璧を目指すマインド)

中学、高校等で英語を勉強していた方にとっては、英語の能力を客観的に測るものというのは、試験の点数だったと思います。TOEICにおいても点数が出ます。

そういった試験勉強やテスト対策が抜けずに、「間違い」に対して敏感になっているケースでは、英語を話す際に完璧を求めようとします。

「間違えないように間違えないように」というマインドが、英会話においては凄く勉強の妨げになります。そもそも勉強中であれば、間違えるのは当然です。もっと言えば、英会話というコミュニケーションにおいて試験のように正解を求めるものではありません。

英会話は相手との意思疎通ができればそれで正解です。間違っていてもコミュニケ―ションが取れれば何も問題ありません。「間違えたらダメ」というような強迫観念を外せたらもっと話すことがラクになります。

2、英語の「音」という根本的なところ

英語で話しかけられて、一番始めに困る事として代表的なのが「聞き取れないから何を言っているのか理解できない」ことでしょう。

これは根本的な問題といっても問題ないかもしれませんが、耳から入ってきた言葉が言葉ではなく音としか聞こえない場合は、当然理解できないでしょうし、動揺してしまうのも当然です。

聞こえた音が自分の「言葉の引き出し」の中に入っていない。そもそも意味がわからない。というケースでは、それ自体が「聞き取れない」の原因です。なので、この「音」を「意味」の引き出しに入れる勉強が必要となります。

 

 

3、慣れてない

この壁も”そもそも”な話ではありますが、英語自体に慣れていない場合、急に英語を聞いてもどうしたらいいかわからない。どう返答したらいいかも困るというのは、当然の話です。

発音についても文章構成についても日本語と異なります。小さいころから使用してきた馴染みのある日本語とは違いますので、慣れるにもそれなりの時間と期間がかかるのも当然です。

日本語においても、小さい子供が言葉を覚えるとき、口の使い方を徐々に学ぶように英語にもその準備期間というのは必要です。

子供が「ぶぶぶ」等唇を使う練習をしながら「ブーブー」と言える音と意味を関連させて使えるようになり、もっと上手に子音や母音を使えるようになるのと同じでしょう。言葉の上達には「練習」が不可欠です。それはスポーツや楽器練習と同じです。

 

 

 

英語学習の壁を乗り越えるまでの辛抱

OLYMPUS DIGITAL CAMERA紹介させて頂いた「壁」は、英会話の勉強を始める人に必ず訪れるものです。日本語ではなく、新しい言語を学ぶので、当然と言えば当然なことばかりでしょう。

 

ですが、それもだんだんと解決します。勉強や英語に継続して触れていれば、自然と解決していきます。英語の音や発音のパターンが染み込んでいけば、英語を聞き取れるようになっていきますし、コミュニケーションも数をこなし繰り返していけば混乱せずに返答できるようになるでしょう。

 

こういった壁にぶつかっても、心配する必要はまったくありません。身近に英語を置き、勉強を続けることができていれば、じき解決していきます。

 

恐れずに続けていきましょう。