ワーキングホリデーで気をつけておきたい3つのコト

ワーキングホリデーについて今現在検討している方やこれから行く予定のあるという方向けにワーホリにおいて気をつけておきたい3つのポイントを紹介していきますので、参考にしてみてください。

ワーキングホリデーで注意すべきポイント

①語学は実践していかないと身につかない

ワーホリへ実際行ってみるとよくわかりますが、日本人で固まって過ごしている人ほど英語の上達が遅いです。もちろん最初は心細いでしょうし、働き口としての日本食レストランという選択もあり得る部分でもありますが、それでも日本にいるときと同じように日本人と仲良く日本語で話していては英語は身につきません。

お互い英語について語り合えるという関係は素敵なものですが、二人で語っていても英語は身につきません。積極的に現地の人や他国の友達を作って英語で話し、英語で問題を共有したほうが遥かに英語は上達します。

英語は話した経験がものを言います。いつまで経っても日本人と集まって日本語で話しているなんてことがないように注意しましょう。

②ワーホリ中も勉強は必要

英語が聞き取れるようになったり、少し話せるようになって進歩したと慢心してはいけません。限られた時間の中で英語を上達させようと思ったら、経験と”勉強”は無視できません。

ネイティブの表現や言葉のチョイスを学んだり、分からなかった単語は後でしっかり復習するといったような地道な勉強も必要です。ワーホリでの英語学習効果を高めたいと思ったらまず、「英語で話すこと」それから「復習すること」これに尽きます。

考えてみれば効果が一番高い復習を意外とおろそかにしている人が多いですし、英語に慣れれば慣れるほどやらなくなるのがこの勉強の部分です。慢心せずにこちらもしっかりやっていきましょう。

③経験できないことをするというのは範囲がある

ワーホリでは日本で体験できない異文化交流や様々なアクティビティや面白い体験というのが数多くあります。それら日本で経験できないようなものと言うのは価値があり、ぜひ挑戦してみて楽しんで貰えればいいかと思いますが、一方でソフトドラッグや危ない目に会うような所に遭遇してしまう可能性もないわけではありません。

日本ではないからこそ、これらの危険への感度が低いというケースもありますし、様々な誘惑のもとにこれらに巻き込まれてしまう人も中にはいます。

何を目的にワーホリをしているのか?外国で自分の身は自分で守る覚悟があるのかしっかり確認しましょう。取り返しのつかないことにならないように、日本以上に羽目を外すことには気をつけていきましょう。

 

ワーキングホリデーでの経験は一生もの

最後の③については、本当に気をつけて貰いたい部分でもありますが、しっかり気をつけて頂ければ問題ないかと思います。

それ以上に、ワーホリは日本で経験できない体験や交流というのに満ち溢れています。日本ではおよそ出会う可能性もないような人や経験をいっぱいできるのがワーホリの魅力ではありますが、節度を持って楽しく過ごされるのが一番良いかと思います。

こちらの「ワーホリで迷っている人に向けたアドバイス」でも紹介させて頂いていますが、経験は宝です。自分次第で楽しく実りある経験ができるのもワーホリの魅力です。

人生一度きり。やってやらない後悔よりやる後悔!