英会話が役に立つであろう根拠と学ぶべき理由

英会話の勉強や英語への取り組みというのはかれこれ叫ばれて長いこと言われていますが、実際にその理由や根拠を考えて勉強している人はそこまで多くはないでしょう。

これから勉強をしようと思っている人も、今勉強に取り組んでいる人も一緒に参考にして頂いて、今後の取り組みへのモチベーションとしてみてください。

英会話が役に立つであろう根拠

順を追って端的に紹介していきたいと思います。

・日本の人口減少による経済規模の縮小
→日本企業は遅かれ早かれ海外の市場を取りに行く必要があります。

・日本語以外の職種やポジションの選択の広がり
→日本以外での働き口という選択肢を持っているのと持っていないのとではリスクがだいぶ違ってきます。

・安い労働力に負けない自分の付加価値
→日本の単純な仕事というのは外国人をはじめとする安い労働力にとって変わる日が来ます。

・世界で働けるツール(武器)を持つ
→日本でしか働けない人は限られた範囲での競争になりますが、世界で見ればそれほどではありません。

日本の人口動態と経済の縮小は私たちに関係ないことではありません。ダイレクトに影響してくるものです。そしてその人口減少と高齢化という未来は確実に起こるとされているものです。

国民負担が増え、給料が上がらない世の中で経済規模が維持できるはずもなく、日本企業としてはどこか元気な世界の市場へと売り上げを追っかけていくほかないでしょう。そしてそれに必要なツールというのは世界共通語の「英語」です。

 

英会話を学ぶべき理由

英会話はツールであり、世界で活躍するとなればコミュニケーションになくてはならないものです。当然話せるのと話せないのとではチャンスも選択肢も増えるのは言うまでもありません。

たとえば

ほぼ同じ能力、同じ条件の人「A」と「B」がいるとして、その違いは

A:英語が話せる

B:英語が話せない

という違いがあった場合、企業はどちらを採用するか?

答えは言うまでもなく「A」です。そもそも”英語が話せる”という時点で同じ条件ではありませんが、企業側にとっても英語を話せる人を当然採用した方がいいのは、日本の今後を見据えた場合にはとても合理的な判断です。

また、今後の仕事や自分の将来のポジションを見据えた場合、英語を勉強した方がいいのは言うまでもなく、その勉強自体が将来の自分を守る「盾」にもなりうるのですから、取り組んだ方が合理的でしょう。

自分の武器となり自分の盾となる

 

選択肢はいろいろあった方が良い

日本のみでしか働けない人と海外も視野に転職活動ができる人を比べた場合、当然ですが海外を視野に入れた転職活動をできる人の方があらゆる面で可能性と選択肢が多いことは言うまでもありません。

海外において日本語と英語のバイリンガルを必要としている企業もあるかもしれませんし、現地管理職として採用したい会社もあるかもしれません。そもそもが、英語を話せるというアドバンテージをもってることが採用に影響することもあるので、話せた方が有利に働くことが多いでしょう。

選択する余地がある=自分で選べる

一切余裕がないような転職活動や仕事をしている人は、自分の中で選択する余地がなく「それしかできない」状態にあることが多いのに比べて、選択する余地のある人は自分の有利な条件に自分で選べる権利をもっているのであとあと楽になるケースというのが往々にしてあります。

選択肢というのは自分で決めるためにもいっぱいあった方がいいのはみなさんも経験則で理解しているはずです。余裕がない場合というのは何事もうまくいかない場合が多いのも知っているでしょう。

 

そんな英会話を学ぶなら

osusumeonline osusumeresson