【将来】今のうちに英会話スキルを身につけておくほうがいい理由

globe-32299_1280

なにかに取り組み時によく言われる話ですが、「なんでも遅いということはない」と言われます。年齢なんてものも問題ではありませんし、やりたいと思う気持ち自体に遅いも早いもありません。

その時に、あれこれと考えて結局手が出ない。行動に移せないというケースのほうが余程深刻です。物事に遅いも早いもありませんが、「やる」と「やらない」ではまったく意味の違ったものになります。

グローバル化における日本人の英会話スキル

IMGP0657

私たちは、先進国と呼ばれる国で生活していますが、日本国内で市場が完結する場合が多かった。あるいは市場規模がそこそこあったから、経済は回っていき、あぐらをかいても輸出と内需だけで事足りていた。という側面がなくはなかったでしょう。

ところが、日本自体の市場規模、もっといえば人口というのは年々減少しており、国内自体の消費のチカラも先細りするだろうと見られています。

jinkou

※総人口推移、予想値

上記のとおり、人口は減少傾向にあります。今後も超高齢化社会になると皆さんが認識しているとおり、労働人口の対して高齢者の人口が相対的に多くなるという見方がされています。

海外でのプレゼンスは今後も重要になる

IMGP0123

日本の市場の先細り、海外市場の成長。この二つが意味するところは、海外での市場を取りにいくというのが日本の将来にとっても大切だ。ということです。

話が少し、大きくなってしまいますがもっと簡単に言えば、英語が堪能な新興国の労働力と英語が不自由な日本人。グローバル社会において優位性があるのは考えるまでもなく、英語が堪能な新興国の労働者です。

世界の市場で戦うことになればなるほど、英語というのは必要最低限のスキルですし、世界の認識においても常識となりつつあります。

自分を守るための英語

IMGP0497

海外市場のみならず、日本の職場や就職環境においても、英語のスキルというのは非常に重宝されているものです。TOEIC試験が流行ったり、社内公用語の英語を採用する会社が出てきたりと、今後も英語のスキルというのは重要になってくるものでしょう。

将来、おとずれるかもしれない更なるグローバル化の波に、何もせずただただ流されるのではなく、そのときのために自分を守るスキルとして、英語を勉強しておくことは決して無駄ではありません。

今日本を見ても、英語を流暢に話せる人の方が圧倒的に少ないでしょう。それだけでも人材としての価値はありますし、そこのスキルが必要のポジションを担う可能性も時にはあるでしょう。

「何事もはじめるのに遅いも早いもありません。」突き詰めて考えてみれば、あなたが「やる」か「やらないか」というただひとつのシンプルな答えだけです。

日本人が英会話が苦手な理由

日本人は先進国でありながら唯一と言っていいほど英語が話せない人種です。中高大まで合わせれば10年近く英語に触れる機会を持つことが出来るにも関わらず、なぜ日本人はこんなにも英語が話せないのでしょう?

英語が話せない理由その①

一つは今までの勉強がリーディングと文法重視だったことです。大学受験などで使う英語は論文を読み解くためのものであり、通常の会話とは少しテイストが違います。また文法問題などで徹底的に正しい文法への矯正を行ったとこで、正しい文法を利用しなくてはいけないと言う強迫観念的な部分が日本人には根付いているのです。もちろん正しい文法で会話ができるに越したことはないですが、英語が喋れる人は正しい文法をイメージして話しているわけではありません。英語が話せる人に文法の理論について聞くと日本人ほどわかっておらず、感覚で話している人がほとんどなのです。

英語が話せない理由その②

英語を日本語で理解しようとすることです。日本人は英語を日本語に変換してから考える癖があります。日本語と英語は語順が違うので文章を作ったり言葉を発したりするのにも日本語で考えると言う工程を加えると、英語に再度戻す際に語順を並び替える必要がある為、表現するまでにかなり時間がかかってしまいます。英会話をものにするには、英語は英語で考えられるようにする必要があります。

英語を話すには、語順などを気にせず、とにかく言葉を発してみる事です。単語の羅列でも十分相手には伝わります。知識は十分に溜め込まれているのでアウトプットの方が重要です。また英語を英語で理解するために、英英辞典の利用をおススメします。分からない単語を英英辞典で引くと英語で解説が出てくるので日本語を挟まずに頭で言葉のイメージをすることが出来ます。英語感覚を身に着けるのに非常に有効です。日本語脳から英語脳への変換を促して、英会話をぜひものにしてください。

英会話で大切なのは今の実力で勝負すること。

英会話といっても、初心者レベルから上級者レベルまでありますし、そのレベルについても曖昧です。徐々にレベルアップしていく中で、どうすればレベルアップできるのかと悩むかたも多いと思います。何か目標を見つけて英会話学習に取り組むことは良いことですが、インプットした英語をアウトプットする際に特に気を付けて欲しいことがあります。

英語で会話する時に、その時に自分が知ってる、覚えている英語で勝負することです。言いたいことがあるが、わからないからとすぐに調べることは絶対にしてはいけないです。会話が終了してから調べることは構わないですが、会話中にいちいち調べていては会話が止まります。

わからないからと辞書で調べていたのでは、自分の意思を表現する能力がつかないのです。いかに知ってる知識だけで相手に意思を伝えるかです。英語で言いたいけれども、単語が思いつかない!文章が作れない!そんなことは上級者であろうと常にあります。上級者の方が違うのは、その時に調べるより前に自分の実力でなんとか伝えようとする意識を持ってることです。初心者はすぐに辞書を片手に調べながら会話をしたりします。

わからない時は、わからないから、こういう時は英語で何て言うのですか?と英語で質問すれば良いだけの話です。わからない単語があれば、それを聞き出す会話をすればいいわけです。そういう緊張感を経験すると、知ってる知識でなんとか伝えられるようになるもんです。その後に、あの時はもっとこういう風に言いたかったなどと振り返り、そこを辞書を使って学ぶのです。そうすれば次の英会話の時には必ず使える状態にあります。

本格的な英会話の勉強法

独学で勉強するおすすめの英会話教材

他を気にせず黙々と自分のペースで勉強していきたいという人は英会話教材で勉強がおすすめです。教材は大体2万~3万円程度が相場ですが、買い切りタイプであれば英会話スクールのように月々ランニングコストがかかることもありませんので、コツコツやる方が気楽でいいという方は、英会話教材で勉強がいいでしょう。

>>おすすめの英会話教材ランキング【まとめ】

独学のメリット

◆自分のペースで勉強できる

◆教材を買うだけなので、手軽かつコストがかからない

ランキング 英会話教材 ポイント

crown261位

スピークナチュラル

詳細

crown332位

英語ぺらぺら君

詳細

crown403位

30日間英語脳プログラム

詳細

 

英会話スクールを利用するおすすめの方法

実際に面と向かって英語を使いながら取り組みたいという人は、英会話スクールで勉強がおすすめです。習い事感覚で続けられるので一番継続的に取り組める可能性があるのが魅力です。独学では自分に甘くなってしまうという人は、講師とスタッフとタッグを組んで進められる英会話スクールでスキルアップを図っていきましょう。

>>おすすめの英会話スクールランキング【まとめ】

英会話スクールのメリット

◆スクールの講師、スタッフの手厚いサポート

◆モチベーションの維持がしやすい

ランキング 英会話スクール ポイント

crown261位

シェーン英会話

詳細

crown332位

NOVA

詳細

crown403位

イーオン

詳細

 

オンライン英会話のおすすめと勉強方法

オンライン英会話は独学と英会話スクールのいいとこどりをしたような形態の勉強方法。安い!自由!会話に特化!という勉強するにはもってこいの環境を揃えています。月々5000円程度で毎日レッスン可能で時間と場所を問わずにレッスン可能という万能さは、忙しいビジネスパーソンや学生にもぴったりの勉強方法。スピーキングの勉強を積みたいという人は非常におすすめ。

>>おすすめのオンライン英会話ランキング【まとめ】

オンライン英会話のメリット

◆通う必要もなく時間の融通がきく

◆安く本格的な英会話レッスンが可能

ランキング オンライン英会話 ポイント

crown261位

DMM英会話

詳細

crown332位

ビズメイツ

詳細

crown403位

NTT&アルク

オンライン英会話

詳細

 

onlineressoncomp

オンライン英会話 英会話レッスン
☆☆☆☆☆ 価格 ☆☆☆
☆☆☆ サポート ☆☆☆☆☆
☆☆☆☆☆ 時間、場所 ☆☆
☆☆ 安定 ☆☆☆☆☆
osusumeonline osusumeresson