【一番】英会話を習得する近道はなによりもまず実際に話すこと

 

英語の勉強、英会話の勉強。同じ英語についての勉強でも少し意味の異なってくるもので、違いをあらかじめ理解し、意識して勉強したほうが英会話の勉強においてはより効果的になります。

 

基本的には、英語に関するルールや決まり事、単語そのものの意味や文の構造。そういった勉強と、相手がいることを前提としたコミュニケーションの勉強とは少し事情が変わってきます

 

 

会話は勉強で網羅できる?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA会話というのは、日本語でも英語でも同じですが、自分の伝えたいこと、相手への返事などその時々で対応、言いたいことというのが変わってきます。

 

自分の言いたいことについては、あらかじめ整理しておき、英語で「どう表現すればいいか?」という予習はできるものの、相手の意見はある程度予想はできても100%予想した返事や回答をもらうことはかえって珍しいでしょう。

 

そういった現場、現場で変わってくるもの。文脈が違えば当然予想できないことが起こる会話において、どこまで机で勉強できる範囲のものが通用するか?という話になって来ます。

 

会話においては、訓練。自分が伝えたいことをどう表現すればいいのか?どう伝えればいいのか?という練習や慣れが大切になってきます。

 

 

英語への知識ももちろん大事

OLYMPUS DIGITAL CAMERA英会話においては「実際に話して慣れること」が大切と説明させて頂きましたが、英語に関するあらゆる知識、ルールを勉強することを軽視しているわけではありません。

 

単語や発音といった基礎的な部分は、会話においてももっともベースとなる部分には変わりありません。当然知らなくては英語そのものが理解できませんし、発音を聞けなければ相手の言っていることも理解できません。

 

そういった意味で”英語の勉強”も基礎体力としてもちろん大切です。語彙がなければ表現も乏しいことになりかねませんし、発音の勉強をしなければ伝わるものも伝わらないかもしれません。

 

 

近道はどこか?

トンネルを抜けると結局は、両方とも大事ということになってしまうのですが、より英会話の習得を早めたいと思った場合、当たり前ですが「実際に話しながら勉強する」が一番の近道です。

 

よく勉強において、「聞く前に調べる」「調べてから聞く」といわれることもありますが、英会話のように言語を学ぶ場合、話ながらその都度聞くというのが一番手っ取り早く、吸収も早いでしょう。

 

オンライン英会話サービスのように、「教える教わる」というビジネスライクな関係では、教わって英会話をものにするのが一番の目的です。英語で意味を聞いたり、文法について質問するのもいいでしょう。英語を英語で教わるという一石二鳥です。

 

そういった意味で、より早く上達をしたい。習得したい。とお考えの方は、わからないことがあれば英語で聞いてしまうというのもいいでしょう。英会話の勉強をしていて、より多くのわからないことや知らないことに触れて、自分の経験値を上げるというのは、実際に会話しながら覚える最大の強みです。

 

何事も恐れずに、”勉強中”というアドバンテージを利用して、どんどん吸収していくほうがより効率的で効果的でしょう。まずは、サービスやアウトプットの機会を利用して英会話の勉強をしていきましょう。

 

お財布にやさしく ビジネス英会話を ネイティブに学びたい
goodprice business improve
料金を比較してオンラインサービスを選びたいと思っている方はコチラ ビジネスでの利用を考えている方は、ビジネスに特化したサービス ネイティブから本格的な英会話を学びたいと考えの方はコチラ