【真実】聞くだけで英語がペラペラ?英会話ができる?そんなこと有り得ません

 

英語の勉強をする時に、目につく広告で「聞くだけ」「聞き流し」で身に付くといった文言が目につくようになったりしますが、あまり気にせず自分の勉強に集中しましょう。

 

英会話において「耳」、英語を聞きとる力というのはとても大切であり、なくてはならない能力ではありますが、楽にそれも聞き流すだけで、身に付くことはなかなか無いといってもいいでしょう。

 

 

考えながら聞くのと聞き「流す」では全然違う

OLYMPUS DIGITAL CAMERA英語を”聞く”といっても、集中して聞くのと聞き「流す」では全然意味も効果も違います。聞こえた音を発音とともに理解しようと努めるのと、音楽のように何かを「しながら」とか「ただ聞いてる」のでは全く効果も違ってくるでしょう。

 

英語をしっかり集中して聞く練習というのは効果はあるでしょう。当然聞こえた音と自分が知っている単語を瞬時にリンクさせ、意味を取る練習というのは、実際の英会話においても必要ですし、効果のあることです。

 

しかし、英語をBGMのように聞き「流す」だけでは、周囲の雑音と同じです。聞こえている音を言語として聞くのか?周囲の音と同じように聞くのとでは効果のほどは歴然です。聞こえたものを同時に理解したり、意味を考えたりした場合のみ効果があるといってもいいでしょう。

 

聞こえていても雑音として処理してしまっている場合、効果はほぼないです。繰り返しになりますが、雑音としてではなく、英語を理解する前提で英語を聞くのを意識して取り組みましょう。

 

 

聞くだけ?じゃあ話す方は?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA英語を聞くこと。あるいはその質も問題というのは上記で説明させて頂いた通りですが、英語を聞いて、ある程度聞けるようになった。それで英語をペラペラになったか?という話はまた別で、聞けるようになったからといってペラペラにはまずならないでしょう。

 

英語のフレーズを耳にタコができるまで聞いて覚える。そういった練習方法は有効です。おなじようなシチュエーションが訪れた場合、そのフレーズを臨機応変に使用することもできるのでそういった意味では、英語をある程度話せる経験を積むことはできるでしょう。

 

ですが、会話は生ものです。相手が何を思い、何を伝えてくるのか?というのは私たち自身で想像できることは、ほぼないでしょうし、コミュニケーションというのはそれだけ刹那的でもあります。

 

英会話はやっぱり、実際に英語を話してみて経験する。体験を通して表現方法を自分のモノにする。というのが一番の近道です。相手のある前提でコミュニケーションに慣れていくのがやはり理想的でしょう。

 

 

 経験に勝るものはない

OLYMPUS DIGITAL CAMERA自分が経験することで、「できた事」「できなかった事」が浮き彫りになります。当然、できた事については、自身になりますし、できなかった事に関しては、反省もそれに対する対策もできるようになります。

 

一番気を付けたいのが、自分が何が出来なくて、何が出来たのか?という確認作業です。特に、自分ひとりで勉強している場合、主観的な判断になりがちです。英会話を実際にしてみる。英語で話すことを経験することで、確認ができるので勉強への新たなモチベーションになったり、課題もできるでしょう。

 

英会話を勉強するのであれば、英会話を実際にしてみることが大切です。それは確認の意味でも、新たな発見という意味でも一番おすすめするところです。

 

今は、英会話サービスも高い料金を設定してた時よりもだいぶ値段的にはお得です。それこそ月5000円を切るサービスも出てきています。自分のお財布事情や目的(ビジネス利用はビジネス用をおすすめします)によってサービスを選ぶことをおすすめいたします。

 

お財布にやさしく ビジネス英会話を ネイティブに学びたい
goodprice business improve
料金を比較してオンラインサービスを選びたいと思っている方はコチラ ビジネスでの利用を考えている方は、ビジネスに特化したサービス ネイティブから本格的な英会話を学びたいと考えの方はコチラ