【重要】英会話・英語を話せるようになりたいならまず環境を整える

hands-600497_1280

英語を学びたい。英語を話せるようになりたい。と思う方は少なくないでしょうし、英語を話せればそれだけ機会も可能性も広がるでしょう。

いつの時代も英語の習得や上達へのアプローチの方法というのは、様々な媒体を通して紹介され、英語学習者の方たちの間で消費されてきました。

どの勉強方法も確実に言えることは、”まずは英語で話してみる”という事に尽きるのかなと思います。

英語の学習において「環境」が大切な理由

英語を話さずに感覚はつかめるのか?

IMGP0123

英会話の学習において、英語を実際に話さずに英語を話せるようになった人がはたしているのかどうか?という極端な話ではありませんが、机に向かって勉強していても中々効果としても実感としても上達具合を客観的に判断することはほとんどないでしょう。

また、そもそもの話になりますが、相手がいることが前提であるコミュニケーションにおいて、机上の勉強がどこまで役に立つのか?ということでもあります。

もちろん、語彙力や発音という英会話においても基礎的なところはとても大切で、意味を取るためにも必要不可欠な部分なので、机に向かって勉強する事自体が無駄ではありません。むしろ必要なことです。

ただ、英語で実際にコミュニケーションを取る感覚というのは、やはり実際に話してみないと理解しえないでしょう。

ポイント

・コミュニケーションを前提とする会話学習

・頭で考えるよりも実践が大切

 

今までと同じ勉強方法で英語を習得できるのか?

よく「日本人は英語がしゃべれない・下手だ」という話が聞こえて来たりしますが、その原因の一つとして教育システムの問題があげられるかと思います。

リーディングやライティングの授業は多くの時間を割きますが、スピーキングやディスカッションに英語の授業として取り組みされることはほとんど稀なケースとも言えます。

文部科学省の英語に関する意識調査を実施しており、現役の高校生にアンケートを取ったデータがありますので、参考にしてみてください

classsiryou

引用元 http://www.mext.go.jp/a_menu/kokusai/gaikokugo/1358258.htm

「Q普段の英語の授業において、スピーチやプレゼンテーションを行っていますか」
③あまりしていない、④ほとんどしていない。と回答した高校生がおよそ70%にも上ります。

「Q普段の英語の授業において、ディベートやディスカッションを行っていますか」
③あまりしていない、④ほとんどしていない。と回答した高校生がおよそ90%超といった結果になっています。

上記のデータを見て頂ければお分かりかと思いますが、私たちが英会話のために勉強へ取り組んだ時間というのは、とても少ないと言えます。

英会話が苦手ではなく、英会話に対する勉強も経験も十分に積めていないというのが、本当のところだと思います。

 

まずは環境を整えることが大切な理由

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

英語は勉強してきたけれど、英会話の勉強はできていなかったというのはお分かり頂けたかと思いますが、英会話において、一番の近道は実際に英語をつかって自分で英会話をしてみることが第一です。

英語学習に大切なこと

①今までダメだった方法を改める

②英語を”話せる”ようになりたかったら「話す機会」を作る

実際に経験することで、自分に何が足りないのか?あるいはどこを勉強したらいいのか?というのが見えてきますし、何よりも自分ができた事、出来なかった事がはっきりします。

モチベーションを維持するのにも、自分の英語の上達具合を知るのにも理想的になりますので、まずはアウトプットの機会を作りましょう。

話す機会を持つことと今のサービス

今は、英語学習ではオンライン英会話サービスも多くあり、安いものからビジネス特化型のサービスまで、様々なカリキュラムやコースがあります。自分にあったサービスを選んで、まずは勉強する環境を整えることをおすすめ致します。

昔であれば、英会話スクールや留学といった方法しか選べなかったですが、今はどこにいても何時でも取り組めるオンライン英会話という便利なサービスが存在しています。こういったサービスをうまく利用しながら取り組んでいきましょう。

先ほどの意識調査にもありましたが、実は英会話の勉強自体してこなかった人がほとんどです。英会話を習得したかったら、まずはココの部分を変えていき、実際に英語を話す環境を作って実際に自分で英語を話す努力をしていきましょう。

オンライン英会話を目的別にみてみる

お財布にやさしく ビジネス英会話を ネイティブに学びたい
goodprice business improve
料金を比較してオンラインサービスを選びたいと思っている方はコチラ ビジネスでの利用を考えている方は、ビジネスに特化したサービス ネイティブから本格的な英会話を学びたいと考えの方はコチラ