英会話のおすすめと役立つ勉強法|ゴーアブ!

英会話のおすすめとそれぞれの勉強方法についてのまとめ

英会話・英語を勉強することで選択肢を増やす

      2016/01/20

英語、英会話を習得したい。話せるようになりたい。と思っている方は、英語や英会話にそれなりの可能性やメリットを感じているかと思います。

 

自分のキャリアや目標の一つというのもあるでしょうし、話せることによるストレスの解消もあるでしょう。メリットはひとつだけではなく、その学習に向かうプロセスも自分にとって大切な時間になるでしょう。

 

 

「英語はツール」という意味

オープンカフェ「英語はツール」という言葉はよく聞く話だと思います。英語や英会話においては、話せたからといって直接的なメリットをすぐさま享受できるという面はむしろ少ないでしょう。せめて、英語の苦手な人に「話せるんだ凄い」と思われるくらいのものじゃないでしょうか。

 

そういったものよりかはむしろ、「相手とコミュニケーションを取れた」あるいは「取れる」という事実のほうが大切です。

 

根本的な話になってしまいますが、人間活動の基本はコミュニケーションになります。これがなければ、仕事も生活もスムーズにいかないでしょう。

 

日本語でも同じことですし、英語でも当然同じです。相手の意図することを理解して初めて、自分も言葉のキャッチボールを投げられます。

 

それも、言語が違えばその言語に対して正しい理解や認識ができていなければ、コミュニケーションにも支障がでてくるでしょう。

 

そういった意味でも英語を話すというのは、詰まる所ココが到達点になります。つまり「相手とコミュニケーションをとる」。

 

英語は、相手とコミュニケーションをとる上での共通語という感覚でしかありません。難しい話ではなく、単純に相手と意思疎通をするための手段、共通語としての役割という事でしかありません。

 

 

英語は手段であって目的とするのは注意

P1010506
英語が意思疎通をする”手段”でしかない。というのは、説明させて頂いた通りですが、その英会話を話せるようになりたいと思う上で、英語の勉強そのものや点数そのものを”目的”としてしまうのは、注意が必要です。

 

そもそも、自分が「なんのために」勉強するのか?どこをゴールに頑張るのか?というのをしっかり見つめた方がいいでしょう。

 

もちろん、TOEIC○○○点をとりたい。というような目標を掲げるのは、勉強へのモチベーションを維持するのにも、ある程度の指標がなければ勉強の効率も上がらないというのも確かです。

 

ですが、コミュニケーションを取れるようになるというゴールから離れてしまうと、試験のための勉強、英語習得になってしまうことが多くあります。

 

TOEICの点数や各種試験の目的は、英語能力を客観的に測るものです。もちろん、英語についての知識を客観的数値としてスクリーニングするには、こういった試験というのは確かに有効です。

 

しかし、イコール英会話能力が高い。と言えるか?というと実際はそうでもありません。

 

なぜならば、英会話は文字通り英”会話”です。あらかじめ相手がいるのを想定してますから、いくら机に向かって勉強しても、「経験」や「慣れ」といったものを積み重ねられません。

 

 

英語学習の最終的なゴールをしっかりと

P5312474_resultTOEICが見る英語能力、基礎力というのは、英会話にとてもイイ効果をもたらします。語彙力であったり文法や語法の正しい理解というのは英会話においても重要です。

 

ところが、先ほどの通り、イコール英会話がスムーズにできるという事ではありません。英会話は「慣れ」という面が非常に大きいため、実際に英語を使っていく方が理想的です。

 

TOEIC試験、各種試験を自発的に勉強している方の多くの目標は、英語を使えるようになりたい。少しでも英語を話せるようになりたい。という人が大半でしょう。

 

そうであるならば、尚更ゴールをしっかり決めてそのための勉強を逆算し、計画をたてることをおすすめ致します。

 

 

英語は可能性を広げてくれる

P1000944英語・英会話を勉強する目的はひとそれぞれかと思いますが、すべての目的に共通することは、「英語は可能性を広げてくれる」ということです。

 

英語がわかる。話せるというのは、日本語ともうひとつ可能性、選択肢がひとつ増える。ということでもあります。これは、どんな場合においても確実なことでしょう。

 

人口が今後ますます減る日本にあって、労働人口も減っていく日本にあって、この選択肢をひとつ多くもっているかもっていないか。というのは小さいようで実は大きな違いです。

 

もちろん、話せるからといって確実に有利か?100%有利か?という話ではないでしょうが、もし同じ状況にある人で、話せる人と話せない人がいた場合、選択肢の多さから有利なのは、目に見えて明らかです。

 

そういった意味でも、自分の選択肢として。可能性を広げるために。という目的で英会話の勉強をするというのは、間違ってはいない正しい選択になるでしょう。

 

 

 - 英会話の前に