海外子供向け雑誌Time for Kids(英語版)の定期購読と購入先【まとめ】

time-for-kids

子ど向けに編集されたTIME誌。世界の情勢だけでなく科学や算数などについても掲載され、子供向けに作られたニュース誌なので文章に専門用語が少なく、英語を学習している非ネイティブにとっても読みやすい雑誌です。

タイムforキッズ(Time for Kids英語版)の概要とまとめ

Time for Kids(英語版)

time-for-kids
[定価]584円
[発売日] 年24回不定期
[販売元の国]アメリカ
hanbaiten-button

海外雑誌Time for Kidsの特徴とポイント

概要

“Person of the Year”で有名なニュース誌「TIME」の子供向け学習用週刊ニュース誌で1995年にタイム社で創刊されました。年に一度“Time for Kids Almanac” という年鑑誌も発行しています。
Time for Kids- Wikipedia

タイムキッズ:全米400万人の生徒が活用している毎回8ページ程のニュースを解りやすい英語で!
TIME For Kids はアメリカで発行されているクラスルーム学習用の教材です。現在アメリカの約30%の学校で使用されており、400万人の生徒に配布されております。Kids版とはいえ、記事やフォトの確かさは、さすがタイムと!唸らせます。様々な世界のニュースや興味深い最新の話題がわかりやすい英語で表現されていますので、中高生の英語学習用リーディング教材として、また、一般の方のブラッシュアップ用教材に最適です。対象はGrades 4-6(小学校4~6年生)レベルです。1年間24回発行。年2回、ページ数が2倍のダブル版が発行されます。実際にアメリカで発行されているものとは内容が一部異なります。ニュース記事につきましては常に最新の記事を扱っておりますが、アメリカの歴史や文化に関わる記事は一部過去の記事をリニューアルしたものを掲載しております。

Fujisan.co.jp – TIME FOR KIDS

 

特徴

政治、科学、国際ニュース、文化やスポーツ等の記事が掲載されています。記事の内容は主にネイティブの小学生向けニュース誌で、英語の学習用教材として英語圏内外の学校で使用されています。子供向けのニュース誌ですが、内容はしっかりとしていて、大人も子供と一緒に楽しむ事ができます。

対象年齢としては小学生(中~高学年)向けの内容となっており、政治経済、国際ニュースから科学、スポーツまで取り扱っており、子供でも理解しやすい構成と内容になっているので、英語の勉強したい人にとってもおすすめの内容となっています。

 

おすすめのポイント

記事には世界の情勢だけでなく科学や算数などについても掲載されていて、アメリカの子どもたちが学校でどのような学習をしているかを知ることができます。子供向けに作られたニュース誌なので文章に専門用語が少なく、英語を学習している非ネイティブにとっても読みやすいです。

また幼児から小学6年生くらいまでレベルが分かれているため、英語学習中の方も自分に合った英語レベルの記事を選択することができます。

[公式サイト]
Time For Kids:http://www.timeforkids.com/

 

Time For Kids(英語版)定期購読について

英語版の本家そのものを購入しようと思うと、取り扱っている書店はごくごく少数に限られています。有名なところでは、蔦屋代官山、丸の内の丸善、東京駅八重洲ブックセンターなど。都心の大きな書店のみというケースが多く、お近くにこれらの書店がないといった場合はウェブでの購入が手軽かつ安く済むのでおすすめです。

定期購読であれば、送料無料での配送もしてくれるのでわざわざ発売日に足を運ぶ必要なしで自動的に自宅に配送されますので、忙しい人にもおすすめ。

定期購読の料金と送料

購読プラン 価格 一冊あたり 送料
1年(24冊) 13,865円 578円 送料無料

 

Time for Kids(英語版)

time-for-kids
[定価]584円
[発売日] 年24回不定期
[販売元の国]アメリカ
hanbaiten-button