和製英語、カタカナ英語について初めから気を付け正しい英語を学ぶ

英語の勉強というのは、単語を覚えたり文法や文の構造を理解することだけではありません。リスニングなどの耳を鍛えることというのもとても大切なことです。

 

耳を鍛えよう」でも紹介させて頂いてますが、英語で相手とコミュニケーションをとる時に前提となるのが、相手の言いたい事を正しく理解するということがとても大切です。

 

相手の言っていることがわかって初めて、コミュニケーションの可能性が出てきます。それは、相手の意見を肯定すのでも否定するのでも同じです。相手の言っていることを理解して初めて可能になります。

 

 

まずは英語を聞けるように

OLYMPUS DIGITAL CAMERA音を聞け、理解できるというのは、至極当たり前ですがコミュニケーションの基本になります。

 

そのために、発音の勉強をしてみたり実際に自分が発音できるか?という確認の作業が大切になります。これも、相手の言っていることを正しく理解するために必要なことになります。

 

単語の勉強を字面やスペルだけで覚えるかたが良くいますが、できるだけやめましょう。スペルを知っていたからといって、相手の口からでてきた単語と自分は覚えた単語がしっかりリンクするとは限りません。

 

そのためにも、単語を覚える際に口に出して発音しながら覚えることが大切です。これは、正しい発音で相手に伝えられるように。という意味と「相手の言っている単語が聞けるように」しっかり正しい発音を覚えるという意味で不調になってきます。

 

 

正しい発音をする時に気を付けたいカタカナ英語

日本では、英語はまったく使いませんし、幸い使えなくても困るような国ではありません。日本で生活するのであれば、英語が話せなくても困ることはありませんし、日本語がしゃべれるだけでなにも困るようなことはありません。

 

そういった環境にある日本では、そもそもの英語に触れる機会は、多くありませんが、「和製英語」というのは思った以上に日本に浸透しています。

 

よく言われるものとしてあげるのであれば、

ノートパソコン ⇒ Laptop(ラップトップ)

アルバイト ⇒ part time job(パートタイムジョブ)

クレーム ⇒ complaint(コンプレイント)

ホッチキス ⇒ stapler(ステイプラー)

 

などがあります。他にも和製英語と言われるものはありますが、くれぐれも気をつけましょう。相手に伝えようと思っても、意味するものが違うので、伝わらないので気をつけましょう。

 

 

発音も同じように気を付ける

OLYMPUS DIGITAL CAMERA上記のように、和製英語として普段利用してしまっている言葉がそもそも意味の違うものという場合の他に、カタカナ読みしてしまっている日本語英語というのも存在してしまっています。

 

ローマ字読みやカタカナのような発音になってしっているような単語にも注意が必要です。これは比較的、日本人の英語の特徴にもなってしまっている節があり、ジャパニーズイングリッシュともいわれてしまうこともあります。(※日本語のような発音の英語)

 

発音を怖がったり、間違いを恐れてしまって、実際に伝えることができなくなってしまって、ただ黙っているというような事態はもっと救いようがないので、気を付けてほしいことではありますが、気持ちに余裕が出てきて、さらなるステップアップを考えている方は、発音もしっかり勉強するようにしましょう。

 

英語の発音は下手でもいいんです。最終的には伝わればいいことなので、そこまで神経質になる必要はありませんが、これから勉強に取り組むという方にとっては、初めから正しい発音で勉強するのに越したことはありません。

 

 

これからの英語の勉強は基本を忠実に

OLYMPUS DIGITAL CAMERA日本語英語、カタカナ英語というのは、仕方がない部分もあります。そもそも言語が違うのですから、言葉の出し方や発音の仕方というのは違っています。

 

馴染みのない言葉だから、馴染みのあるカタカナやローマ字を元に考える。あるいは覚える。というのは当然起きることではあります。

 

ですが、それでは外国人には通じないことが多く注意が必要であり、これから勉強するのであれば、初めから正しい発音を身に着けた方が賢明でしょう。

 

そのためにも、英語の基礎や発音のパターン。アクセントの癖というのにも意識しておいた方が今後も訳に立ちます。その基礎を積み上げていくことで、英語自体もしっかりしてきますので、初めのベースをきちんとしていくことが大切になっていきます。

 

こういった些細なことでも、意識することでも大分変ってくるので、今まで発音の勉強をあまりできてなかった方や、覚えるために都合がいいと思ってローマ字読みしてしまっていた方は、今からでも遅くないので、意識して正しい発音や意味を覚えることに集中していきましょう。