子供・キッズにおすすめの英語教材と勉強について【まとめ】

children

キッズ子供向けのおすすめの英語教材と詳細

NHK教育「えいごであそぼDVD」

eigoasoboplanet

料金 48,600円~91,800円(コースによって異なる)
内容 DVD/CD/絵本/ソングブック/音のでるペン/音のでる絵本/アクティビティブック/えじてん/ゲームブック/ゲームカード/ゲームシート/大判タッチシート/ポスター/ぬいぐるみ/使いこなしブック/セットコース特典教材
その他特典 教材3年間無償保証制度
koushikisite

NHK Eテレの人気子ども番組「えいごであそぼ」から誕生した幼児英語教育セット教材で、放送開始からは20年を超す長寿番組。長くからそのコンセプトは愛され「子どもたちに英語に親しんで興味をもってもらいたい」という思いで制作されています。

教材の内容も番組に登場するキャラクターたちの絵本や映像の世界をそのままに、子供たちが楽しみながらあそべる教材になっています。勉強や学習というものではなく、子どもたちに自然に「英語を話してみたい」と思ってもらえるように、教材内容も充実しており楽しみながら英語にも興味をもってもらえるように制作されています。

テレビのキャラクターと一緒に楽しめるので、小さいお子さんもテレビを見て、あるいは教材と同時に英語を自然と楽しめるのがこの「えいごであそぼ」の最大の魅力であり特徴です。

 

7+BILINGUAL(セブンプラス・バイリンガル)

 

7plus

料金 29800円(税込)
内容 英文テキスト/イラストテキスト/CD14枚/イングリッシュCD/ぬりえ
koushikisite

『7+BILINGUAL』は、大人向け英語教材『7+English』待望の幼児向けシリーズの英語教材になります。セブンプラスイングリッシュは、大人向け七田式英語教材で人気No.1の教材でもあり、子供向け教材のセブンプラスバイリンガルも楽天ランキングの教材部門をはじめ、3部門で1位を獲得するほど多くの支持を受けている効果的な英語教材としても評判です。多くのお客様が効果を実感されているからこそ、『7+BILINGUAL』を、お子様の英語学習につながる入り口として、おすすめの教材となっていますので参考にしてみてください。

 

キッズ、子供におすすめな英語教材とは

1)子供の時期での英語の取り組み

2~5歳の子どもは日本語と英語の音が同じように聞き取れるといわれています。子供は日本語でも音をマネして徐々に覚えていきます。そしてこの期間が一番音真似が上手な時期であり、低年齢の時期に英語に触れて楽しかった経験を作るいい時期になります。また、それは記憶として残り、その後しばらく触れていなくても、再び違和感なくその世界に入ることができると言われています。

2)一緒に楽しむことが大切

子どもは、お母さまやお父さまが好きなことは自分も好きだと感じるもの。おうちのかたが英語に楽しんで触れていれば、お子さんもきっと英語を楽しめるでしょうし、今後の英語の勉強にもいい影響と記憶をつくることができますので、お子さんだけではなく、ママやパパも一緒に取り組めるといいでしょう。

3) 「わからない」は楽しいことは学習ステップ

おうちのかたが「英語を教える」必要はありません。お子さんは、英語のルールや表現に自分で気づくものです。絵本を何度も読むうちに「そうか、moonって月のことなんだ」とお子さん自身が「発見する喜び」を味わうことが大切なのです。そうした瞬間に「英語って楽しい」という気持ちが芽生えるでしょう。
幼少期の子供に英語を遊びの一貫として楽しんでもらうのがまず第一ですが、子供の成長や時期に合わせて教材の選択をしていくことも同様に大切です。

子供は日々、色々なことを吸収しながら成長していきますので、それぞれのステージやその特徴を捉えて英語の教材を選んでいきましょう。

子供の英語学習ステージ

生後まもなく~2歳(赤ちゃん・乳幼児)

英語、日本語ともに脳にインプットされる時期になります。周囲のモノや事に興味津々になり、お母さんがどんどん話かけることで赤ちゃんや乳幼児は言語を自分の引きだしに溜めています。まだ、手先が器用ではないので、おもちゃ遊びも保護者主体です。

3歳~6歳(幼児・幼稚園)

周りが使う言語をどんどん吸収し、言葉を口に発しだす時期。学習においても大切なアウトプットの時期になります。
簡単な言葉(日本語、英語共に)でも練習すれば使えるようになります。言葉の意味も繰り返し繰り返し聞いたり見たりすることで、だんだんと理解できるようになります。

7歳~9歳(小学校3年まで)

小学校低学年ともなると、しっかりと自分の意思と言葉の意味を考えるようになります。当然、日本語と英語の違いもわかるようになりますので、バイリンガルとして勉強していくには大切な時期です。

飽きないよう、興味がなくならないように楽しみながら勉強できると環境としてはとてもいいステージになります。

子供の頃に英語を勉強しておくということ

今は、多くのお子さんと家庭の中で、早期の英語教育が盛んになっていますが、もともとのきっかけは、言葉を聞きとる能力が幼児期に大切な時期を向かえ、その後の言語的能力もある程度決まるという考え方があるからです。

赤ちゃんは、生まれてから周囲の音(日本語)を連続して聞いています。生後7カ月頃になると、意味のある音のかたまり、いわゆる音節を聞き分けることができるようになります。その音節に意味があることを理解するのが1才前後と言われており、この頃から聴覚野に言葉の機能地図というものが作られ始め、4才頃に完成すると考えられています。

英語と日本語は周波数がまったく違うため、その成長の期間の間にうまく英語を学べば、英語の聴覚地図もできるといわれています。こういった背景が、今幼少期の英語教育の盛り上がりにも繋がっており、将来子供が困らないようにと小さいうちから言語の勉強をする家庭が増えた理由でもあります。

いずれにせよ、グローバルな時代になり私たち世代が生きている世の中と、子供たち世代が生きる数十年先の将来とでは、まったく違うスキルと環境が必要であることは、間違いないでしょう。そういった時代をうまく生きていくためにも子供に英語を楽しみながら勉強してもらう意味は十分にあると思います。

子供の英語学習による吸収とグローバル時代

ますます国際化、グローバル化の進む日本の環境。今の子供たちが学生、社会人になる10年後、20年後の状況を見据え、言語習得に最適な幼児、幼少期に質の高い英会話教育を与える事で、驚くほどの成果が得られるといわれています。

机上の点数の為のただの習い事の一つとしての学習では本当に使える英語の習得には繋がりません。

あくまで国際化の環境の中で、コミュニケーションとして通用する英会話の習得にこだわり、子供たちの価値ある未来の選択肢を広げる英会話教育ができれば、親としても子供としても嬉しいことでしょう。何があるかわからない将来だからこそ、今準備しておくことが大切です。

 

子供向け英語教材ランキング

NHKえいごであそぼDVD

eigoasoboplanet
料金 48,600円~91,800円(コースによって異なる)
内容 DVD/CD/絵本/ソングブック/音のでるペン/音のでる絵本/アクティビティブック/えじてん/ゲームブック/ゲームカード/ゲームシート/大判タッチシート/ポスター/ぬいぐるみ/使いこなしブック/セットコース特典教材
その他特典 教材3年間無償保証制度
koushikisite

セブンプラスバイリンガル

7plus
料金 29800円(税込)
内容 英文テキスト/イラストテキスト/CD14枚/イングリッシュCD/ぬりえ
koushikisite