英会話のおすすめと役立つ勉強法|ゴーアブ!

英会話のおすすめとそれぞれの勉強方法についてのまとめ

シニアからの英語学習とおすすめの英語教材のまとめ

   

old-40092_640

シニアにおすすめの英語教材

first第1位  スピークナチュラル ★★★★★
speaknatyu

ポイント

◆英会話に特化した英語教材
◆最優秀賞も受賞する実績と評判
◆リスニングとスピーキングを強化できる

syousai koushikisite

スピークナチュラルは、ポイントにもある通り「簡単な英語をゆっくり聞いて、会話につなげる」を目的として作られた英語教材になります。スローリスニングをして耳を慣らし、7語以下の簡単な英語をシャドーイング(口に出して復唱)することで英会話の勉強にもつなげる。という教材になっています。

second第2位 英語ぺらぺら君 ★★★★
peraperakun1

ポイント

◆教材では低価格帯のお手頃値段
◆言語学者も開発を監修
◆あらゆるシーンを想定した教材

syousai koushikisite
third第3位 ネイティブイングリッシュ ★★★★
nativeng

ポイント

◆今英語教材でもっとも勢いがある
◆内容もサポートも充実(返金保障・メールサービス)
◆河北麻友子もおすすめ

syousai koushikisite

 

シニアの人が英語の勉強において気を付けるべきこと

・完璧を目指さない
・最短距離で英会話について学ぶ
・間違いを恐れるよりも伝えることを意識する

シニアの方に限った話ではありませんが、英語のルールや文法はたまた単語の意味や熟語まですべてこれから勉強しようと思ったらとんでもなく時間がかかるというのは言うまでもありません。

なので、英語を勉強するために最短で取り組み、勉強の取り組みの中で徐々に完璧に近づけていくという方法がベストです。始めは誰だって英語なんて話せません。だからこそ、間違えや失敗の経験を元にその都度その都度勉強していくことが大切です。

シンプルな英語から文法や発音を学び、フレーズを暗記して体系化。そして実際に自分の口で発することで「英会話」を意識することが大切です。初めから完璧を目指すことの弊害の方が大きいので、まずは実践ありきで考えてみるのが一番です。

 

シニアの人にとって英会話教材がおすすめな理由

英語を勉強するにあたって、方法は色々とあります。たとえば「英会話スクール」や「オンライン英会話」といったものがありますし、英字新聞や洋書で独学という手もあります。本屋さんに行けば所狭しと参考書や英語の勉強法について記載のある本がいくらでもありますが、正解はありません。

どれも一長一短があり、各々にとって、どの方法が最適なのかというのは非常に難しい問題で「この勉強方法なら確実」なんてことはなかなかありません。それぞれの方の得手不得手や興味のあるスタイルや取り組みへの姿勢によっても大分ことなってきますので、一概にこれが良いというのも少し違っています。

ただ、それではいつまでたっても英語を勉強できないので、まずは総合的な英会話教材で基礎も強化しつつ、実際に英語に触れてみるというのが、まずはおすすめです。

英会話教材をおすすめする理由

①基礎の部分と英語の組み立て方を網羅している

いきなり「英会話スクール」や「オンライン英会話」で実践というのも、実際ハードルが高いのも事実でしょう。会話自体したことない状態で、講師の人と「何を話したらいいかわからない。」という状態に陥ってしまうのも無理のない話です。

英会話教材では、基本的なフレーズを聞いて耳を慣らすことと英語の語順や意味等を確認するのに非常に便利なものになっています。「復習」と「慣れ」という意味でまずは、英会話教材から手を付けるのがおすすめの理由の一つです。

②買い切りでタイプあればコストもかからない

「英会話スクール」や「オンライン英会話」であれば、レッスンを受ける受けないにかかわらず、月々のコストというのが掛かってきてしまいますが、買い切りタイプの英会話教材であれば、一回支払いしてしまえば、それ以上はかかりません。

1万円台~2万円台というのが英会話教材の相場ですが、金額以上には掛からず、継続して利用できるという意味では、そこまで高くない値段でしょう。英会話スクールであれば、入学金2蔓延、ひと月1万5千円というところも実際ありますので、基礎を学ぶという意味で最初に取り組む方法として英会話教材というのも高くはないでしょう。

③とっかかり易く一番手軽

実際にレッスンを受けるという場合になったら、事前の予約や予習というのはどこも大体必要なことになります。そのために時間をしっかり確保して、レッスンに臨むという形にはなるかと思いますが、英会話教材であれば隙間時間に自由に勉強できるので、そこが大きな違いになります。

自分の好きな時、好きな場所で勉強できるので、通勤中や移動中にも手軽に取り組めるのが最大のポイントになります。

 

年齢は関係なく続けることが一番の近道

年齢、性別、時期は関係ないというのは、これまでの人生経験上すでにお分かりかと思いますが、英語のみならず学習面においても何事も遅すぎるということはありません。

◆自分の英語のみで海外旅行をしたい
◆海外の人と自分の英語でコミュニケーションしたい
◆国際交流(オリンピック等)の際にも何か手伝ってみたい

こういった思いについても、決して遅すぎるということはなく、「やるかやらないか」の問題だけです。やらなければ一生その気持ちは叶わないでしょうし、取り組めばその思いは実現できるというのは、人生の理でもあり基本的なことでもあります。

今、英語学習に取り組もうとしている人は、こういった基本的な気持ちや想いを大切にしていってほしいと思います。

It’s never too late.
何事も遅すぎるということはない。

 

シニアにおすすめの英語教材と学習のポイント

紹介させて頂いた英語教材と学習の際に気を付けたいポイントをまとめましたので、勉強の際に参考にしてみながら取り組んでみてください。

①英語学習の最低限のルールを決める

日中や夜であっても、その日にやらなければいけないことがあれば、当然英会話の勉強をできる時間というのは限られています。日によっては疲れてしまうこともありますし、勉強へのモチベーションが上がらないこともあるかと思います。

それでも、一日のうちの少しの時間、それこそ5分でも10分でも英語に触れる時間というを確保しておくようにしましょう。「朝の15分」「寝る前の10分」など、少しでも勉強習慣を作るような努力が大切です。

教材を買ったら英語を話せるようになるわけでもありません。その教材を使ってうまく勉強し、自分の力として始めて英語のスキルアップにつながります。そういった意味で英語学習に割く時間がなければ当然いつまでたっても英語が聞き取れるようにもならないでしょうし、話せるようにはならないでしょう。

②短時間でも雑音として聞かない

英会話の勉強習慣が大切なのは言うまでもありませんが、その勉強に費やす「少し」の時間でも、集中して聞くようにしましょう。「聞き流すだけ」「聞くだけ」という教材であっても、雑音として音を処理してしまっていたら元も子もありません。

その流れてくる英語が聞き取れるかどうか?意味を理解できるかどうか?そこを常に考えていなければ、英語を聞けるようにはなりませんし、意味をくみとることもできないでしょう。

その点、集中して聞くようにすれば、単語が聞き取れたり英文がなんとなく思い浮かんだりします。そういった日々の変化と進歩を感じながら続ける糧としていきましょう。

③英語を聞くだけでも”確認”はしっかりする

聞くだけの勉強であっても、気になった単語やわからなかった英語表現は積極的に調べたり、確認はきちんとしていきましょう。勉強においても当たり前ですが、単語の意味がわからなかったら英文の意味を正確に理解することはできません。

効果的に聞いて英語を勉強するためにも確認作業はきちんとすることが大切です。それが日々の5分10分だけのものであっても効果的なものになります。

シニアの人におすすめの英語教材を賢く使うためのポイント

◆英語学習の最低限の勉強のルールを作る
◆雑音として英語を聞かない
◆聞くだけであっても確認作業も大切にする

英会話においても毎日コツコツが強い

人生それなりに経験すれば、物事を淡々とコツコツ積み上げられる人が強いというのを実感していきますが、英語も同じです。年齢も関係ありません。この「コツコツ」という部分さえしっかりしていれば、英語に慣れて聞けるようになりますし、会話もできるようになってきます。

いつの時代でも、このコツコツと努力できる力というのは大切で、続けることの大変さを知ってるからこそ、本気で取り組むならスピードよりも「期間・継続」を意識して取り組むようにしましょう。

ポイント
◆コツコツできる人が強い
◆スピードよりも「期間・継続」を意識して取り組む
◆慣れるまであきらめない

 

英会話の勉強でモチベーションが下がったら

継続が大切ですが、人間誰しもモチベーションや気力というのを維持することはとても難しいことでもあります。取り組むこと自体が億劫になってしまったり、英語の勉強そのものに興味が薄れてしまったりするケースもなくはないでしょう。

そういった時には、「目標・目的」をしっかりと見つめなおすのがベストです。

例えば
・自分の英語で海外旅行してみたい
・○○までに外国の人と一度話してみる
・有名観光地で現地の人とコミュニケーションしてみたい
などなど。

目的や目標というのは些細なものでも構いません。時間を区切って、向かうべき目標があるのとないのとでは大分違いますので、モチベーションや気力が続かないという場合は、より具体的な目標を設定することがおすすめです。

英語の勉強方法を変えてみたいと思ったら

また、今取り組んでいる勉強に飽きてしまったら、気分転換に他の勉強方法を試してみるのもありでしょう。

・英字新聞を読む
・洋書を読む
・海外newsを見る
などなど。

方法はひとつではありません。英語にまつわることを勉強として利用してみるのも非常におすすめです。

ちなみに英字新聞については、こちらのサイトでよくまとめられているので、参考にしてみてください。>>英字新聞のおすすめ

 

シニアの人でも続けていれば英語は話せるようになる

シニアの方に限らず、どんな人でもそうですが、コツコツと続けていれば進歩は必ずあります。語学は”学”とついていますが、簡単な話「慣れ」の問題です。

赤ちゃんの頃に、徐々に日本語を習得していったように、使っていれば英語はモノになります。これは間違いありません。かつて私たちが日本語を覚えていったのと同じように、言語に慣れ使い方を覚え、表現方法を昇華させていけます。

繰り返しになりますが、

It’s never too late.
何事も遅すぎるということはない。

年齢や時期を理由にせずに、まずは基礎から順を追って取り組んでみることをおすすめ致します。今悩んでいる時間を勉強に費やすだけでも一歩は進めるでしょう。

シニアの英会話のQ&A

Q、英語に自信がないんですが大丈夫でしょうか?

A、日本語を覚えた時に自信や不安はなかったはずです。学問とされていますが、言語はコミュニケーションツールです。慣れることを最大の目的としていきましょう。

Q、英語が全然聞き取れないんですが、大丈夫でしょうか?

A、誰しもが通る道です。まずは、雑音と処理しないようにテキストに目を通しながら単語を追ってみるといいでしょう。

Q、年齢的に記録力について不安があるのですが、大丈夫でしょうか?

A、単語を一語一句覚えようとせずに、文脈や流れの全体でみるようにすることをおすすめします。日本語でも「でも」「しかし」があれば、否定形だとわかるように、英語や単語の特性を見ながら文の意味を推測すれば、大体の意味はつかめるでしょう。

 

first第1位  スピークナチュラル ★★★★★
speaknatyu

ポイント

◆英会話に特化した英語教材
◆最優秀賞も受賞する実績と評判
◆リスニングとスピーキングを強化できる

syousai koushikisite
second第2位 英語ぺらぺら君 ★★★★
peraperakun1

ポイント

◆教材では低価格帯のお手頃値段
◆言語学者も開発を監修
◆あらゆるシーンを想定した教材

syousai koushikisite
third第3位 ネイティブイングリッシュ ★★★★
nativeng

ポイント

◆今英語教材でもっとも勢いがある
◆内容もサポートも充実(返金保障・メールサービス)
◆河北麻友子もおすすめ

syousai koushikisite

 - おすすめの英会話の勉強法