必読!短期語学留学のおすすめと英語を勉強したい人が知っておきたい事【まとめ】

studyab

語学留学の種類(短期と長期)のポイント

語学留学といっても、期間の長さを分けると二つあり短期の語学留学と長期の語学留学があります。それぞれ自分の置かれている状況や環境とうに合わせてどちらが自分にとって最適かを選択するようにしましょう。学校の夏休みの間に1~2 週間ほど短期で語学留学いくのも良し。大学の交換留学や制度を使って留学、あるいは留学エージェントを利用して自分にピッタリな留学先を決めるなど方法や 条件によって様々なチョイスができるでしょう。

①短期の語学留学

短期間でミッチリ英会話の勉強をしたいという人は今、フィリピンあたりの語学留学が安くでおすすめです。期間も1週間程度から数か月程度まで短期の留学ができるようなプランもいろいろあります。

短期の語学留学のメリット・デメリット

メリット
◆値段もリーズナブル
◆日程やプランの自由も効く

デメリット
◆長期に比べると期間が短いので勉強時間が限られる

そういった語学学校は直接申し込みなんかができるところもあるので、コストも抑えられて安く語学留学ができるのでお財布にはやさしく短期で留学してみたいという方はフィリピンあたりの語学留学を検討してみてもいいでしょう。

②長期の語学留学

短期と違って、手続きや留学先の選定等もあるため、一番無難なのは留学エージェントを利用して準備や手続きを進めるのが安心かつ確実でしょう。その国に長く滞在し、みっちり勉強する時間もあるので、色々な体験や経験を積むことのできる留学になりますので、しっかりと下調べをしておきましょう。

長期の語学留学のメリット・デメリット

メリット
◆勉強の時間も確保でき語学力UPできる
◆その国を深く知ることができ体験や経験も十分できる

デメリット
◆短期に比べると期間が長いのでコストが掛かる

留学エージェントには、留学に対するノウハウもありますし、体験者の生の声を多く保有しています。無料相談を実施しているところも多いので、経験者の声や留学の実態等を知るためにもそういった機会を持つのもいいでしょう。

 

 

短期語学留学がおすすめな理由

reason

短期語学留学のおすすめポイント

①生きた英語を学べる

私たちは中学、高校。そして大学へ行けばおよそ10年間ほどは英語の勉強をすることになりますが、社会に出て、十分英語が話せるような人というのは決して多くはありません。

実際は、英語は机の上で学習していても、本当に通じる英語を使えるようになるのはとても難しいことは経験則で気づいている方が非常に多くいるはずです。そういった中で、実際に留学して英語を強制的に使う環境に身を置き、生活を通して、場面毎に生きた英語を聞いて、実生活に活かすことができるというのはとても有意義かつ効果的な学習方法に他なりません。貴重な体験を通して、より生きた英語をものにできるのが語学留学の最大のポイントになります。

②新しい文化を体験できる

語学留学をするもうひとつのメリットとしては、日本以外の国を実際に目でみてあるいは聞いて、実際に体験できるというのが大きなメリットと言えるでしょう。当然、日本から出れば食事から環境まで多くの出来事や慣習が異なります。

言語を学習すると共に、世界に出て新しい文化を体験できるというのが大きな経験と財産となるでしょう。そういった経験をしていれば、語学へ対するモチベーションや意欲というのが大分違うものになってきます。

文化の違いや食習慣、例えばイギリスだったら、紅茶やパブを体験したり、オーストラリアではBBQなど、実際に滞在するから体験できる地元の文化を楽しむことが可能です。その国の文化と日本との違いを比較できる経験というのは、言語を学ぶことと合わせてとても貴重なものとなるでしょう。

③新しい友達を作ることができる

語学留学を通して、現地の人や一緒に語学を学びにきている人と出会い、新たな友達、友人を作れます。「出会いはどうでもいい」と思っている方でも、実際に異なるバックグランドを持つひととの出会いは、大きな財産となります。

考え方や今後の人生にも影響を与えてくれる新たな出会いというのは、実はバカにはできません。特に日本では出会えない色々な人に出会うチャンスですし、様々なキッカケを与えてくれる楽しいものになります。

また、海外の友達であれば英語を話して交流することになりますし、授業では学べない生活の中での語学へのアプローチにもなるので、良いキッカケとモチベーションにもなるでしょう。最初は一日英語で過ごすことが苦痛でも、慣れてきたころには1日中英語のみで話せるぐらいの上達に驚くかもしれません。

④短期なので社会人や初心者でも行ける

短期間のプランもあるので、社会人の方でも行こうと思えば調整可能な期間になります。また初心者でも安心のマンツーマンでの授業になるので、英語にまったく自信がない。という人でも取り組めるのでこれから本格的に勉強しようと思う方にもピッタリのサービスになります。

まずは、英語を話してみるという経験を得るためにも短期間で集中して勉強するのは効果的です。マンツーマンでみっちり勉強できるので、自信をつけるためにも検討してみるのもいいでしょう。

 

短期の語学留学が英会話習得に良い理由

英会話習得に一番必要なものは、単刀直入に言うと「経験」です。英語の教材を聞いているだけで英語は話せるようにはなりませんし、ペラペラになることもありません。

英語教材でペラペラになっている人がいっぱい居るのなら、日本の語学学習市場はここまで大きな規模には間違いなくなっていません。

「英語を話せるようになりたいけど、楽したい」

これが日本人の本音でしょうが、楽したいと思っていたらいつまでたっても英語は習得できないです。そもそも簡単に習得できるのなら、英語を話したいと思う人は少ないハズだからです。

そして、その経験を得る方法というのが、実際に話す機会を持つことです。語学留学だけでなくオンライン英会話や英会話スクールもこれら実際に英語を話す機会を持てるので、学習方法としては英語教材よりも遥かに効果的な勉強方法です。

語学留学の根源は悔しさ

その中でも語学留学がおすすめな理由としては、「英語が話せない」ことを実感することができるからです。自分の英語が通用しないことと改善点が具体的に見える点。これが語学留学の最大のポイントであり、魅力のひとつです。

自分の英語で実際に体験し、くやしさや課題を見つけられること。それこそが、英語学習のモチベーションとなり、取り組みへ影響する重大なポイントになります。

 

 

語学留学を申し込む手段とそれぞれの方法

①語学学校への直接の申込みをする

gogakugakkou

留学エージェントを通して語学学校へと取り次ぐものとは違い、直接語学学校への申込みが留学のひとつの方法になります。一見ハードルが高いようにも見えますが、フィリピンをはじめとする英語を学習するための語学学校は、日本語で申込みと手続きができてしまうので、簡単です。

日本人が経営している語学学校もありますので、安心して留学できるのもポイントです。直接申込みという形になるので、中間の手続き、申込みコストがかからないため、格安で語学留学ができるのがポイントです。ただし、語学学校を自分で探すことが必要なため、語学学校を探す少々の手間はどうしてもかかってしまいます。

◆メリット:直接の申込みになるため格安で留学できる

◆デメリット;語学学校を探す手間がかかる

直接申込みができるおすすめの語学学校

ヒューマンアカデミー「フィリピン語学留学」



 ポイント

マンツーマンの英会話学習
宿泊費&食事込みの料金設定
1週間 48,300円~
TOEIC試験にも対応

公式サイトボタン

 

 

②留学エージェントの利用して申し込む

 

ryuugakue

語学留学を考える場合、一番手っ取り早いのがこの「留学エージェント」です。留学エージェントはその名の通り、留学を支援するサービスで、ご自身が行きたい国、期間、懐ろ事情等を考えて、留学先を紹介してくれます。

各国に、提携している語学留学の学校があり、手続きから申込みまで一括してサポートしてくれるのが特徴になります。右も左もわからない場合は留学エージェントを利用したケースの方がスムーズかもしれません。

ただ、そういったサポートと申込みにかかる手数料が留学費用に掛かってくるため、一般的にコスト的には少し高くなってきてしまいます。自分の予算と相談しながら決めるのが一番でしょう。

◆メリット:申込みから手続きまでワンストップでサポートしてくれる

◆デメリット:コストが一般的にやや高め

留学エージェントを探す

留学先の資料一括請求「留学style」



 ポイント

・無料で留学先の資料請求可能
・行き先、目的別に問い合わせ可能
・一分の簡単入力でラクラク申し込み

公式サイトボタン

 

フィリピン語学留学の費用とコストのサンプル

語学留学名 料金(1週間) 料金(1か月)
ガチ留学 39,999円~ 99,999円~
ヒューマンアカデミー 48,300円~ 146,400円~

部屋が一人部屋かドミトリー(複数人部屋)で料金が異なってきます。期間によっても細かく料金が設定されていますので、ご自分の予定に合わせて値段との相談をしていきましょう。

フィリピンは物価も安く、短期の語学留学ではとても人気の場所になっています。上記の通り値段も格安で受けられるようになっていますので、お財布と相談しながら考えてみてみましょう。

 

国別の語学留学について

※リンク先はHISの語学留学特集サイト。各国の留学プランもまとめられているので、値段等を参考にしてみてください。

国別の語学留学情報 概要
アメリカ 世界の教育と研究をリードするアメリカでは、その留学先も豊富にあります。語学学校、2年制大学、4年制大学、大学院とバラエティ豊かな留学があり、それぞれの立場にあったニーズに答えるプランを提供しています。

世界中から学生が集まるため、留学生に対するサポート体制も整っています。2年制大学から4年制大学に編入ができたりと柔軟な教育システムもアメリカ留学の特徴です。

ハワイ
イギリス 現代文化の流行の発信地として、アート・音楽・ファッションなどの分野でも有名なイギリス。中でもロンドンは歴史と伝統ある街であり趣のある土地になっています。

ケンブリッジ大学をはじめあらゆる分野の教育・研究水準が高く、理想的な学ぶ環境が整っており英語の発音やスペルでアメリカ英語との違いを見つけるなどおもしろい発見もあります。

カナダ 「海外でのんびり生活する」「語学を真剣に学ぶ」「働く経験をする」。どんな留学目的でも、良質でリーズナブルに叶えられるのがカナダです。

大学間のレベル差は少なく、教育水準も高いカナダは、国の安全性と清潔さも世界トップレベルです。公用語が英語とフランス語なので、2つの言語を学ぶこともできます。

オーストラリア 日本からのアクセスも良く安全で過ごしやすい人気の語学留学地のオーストラリア。豊かな自然と近代的な都市が融合しているのも特徴です。また、世界的にもめずらしい留学生の権利を守る国家法を制定しているのも大きな違いのひとつです。

大学のほとんどが公立の学校で、質の高い教育を受けられます。大学のほかにもTAFEと呼ばれる公立の職業訓練専門学校があり、留学生にも人気となっています。

ニュージーランド オーストラリアと並び穏やかな気候と美しい自然に囲まれており、のんびり生活できることで人気のニュージーランド。他の留学地と比べ学費と滞在費が比較的安めなこともあり、暮らしやすいのが特徴です。

すべての大学が国立で、世界的にも高い教育水準が保たれています。また、大学のほかにもポリテクニックと呼ばれる公立の専門学校も留学生に人気です。

短期留学に確認しておきたいおすすめ

留学先の資料一括請求「留学style」



 ポイント

・無料で留学先の資料請求可能
・行き先、目的別に問い合わせ可能
・一分の簡単入力でラクラク申し込み

公式サイトボタン