英会話のおすすめと役立つ勉強法|ゴーアブ!

英会話のおすすめとそれぞれの勉強方法についてのまとめ

英会話の勉強「ディクテーション」におすすめの教材と具体的な勉強法

   

study-921885_1280

ディクテーションにおすすめの英会話教材

first第1位  スピークナチュラル ★★★★★
speaknatyu

ポイント

◆英会話に特化した英語教材
◆最優秀賞も受賞する実績と評判
◆リスニングとスピーキングを強化できる

syousai koushikisite
second第2位 英語ぺらぺら君 ★★★★
peraperakun1

ポイント

◆教材では低価格帯のお手頃値段
◆言語学者も開発を監修
◆あらゆるシーンを想定した教材

syousai koushikisite
third第3位 ネイティブイングリッシュ ★★★★
nativeng

ポイント

◆今英語教材でもっとも勢いがある
◆内容もサポートも充実(返金保障・メールサービス)
◆河北麻友子もおすすめ

syousai koushikisite

 

こんな英会話教材がディクテーションに便利

なるべく簡単な英語から英語の構造を理解しながら取り組めるもの

ディクテーションの目的から考えてみても、多くの量をやることが一番効果的です。ただし、適当にやったのでは当然意味がありません。量をやりつつしっかり行う。どの勉強においても基本は同じですが、反復練習と経験がものを言う世界ですので、集中してやっていきましょう。

また、グラマーの勉強やリーディングの勉強にも生かせるように、シンプルな英語を聞きまくってディクテーションを行っていくのが理想的です。文法の復習や英文構造の復習にもなるので、なるべく簡単なものを繰り返し繰り返し行っていきましょう。

 

無理をして高いレベルからやらない自分にあった教材

知らない単語がたくさん出てくる文や、自分の実力を越えた構文が使われるような文のディクテーションはもちろん難しいだけでなく、モチベーションにも影響してしまいます。自分の実力より上のレベルから行うと、勉強自体が億劫になり継続できなくなってしまうことが多いので、まずは簡単な教材で学習しましょう。

基礎の英語力にも関係しますが、最初のうちはシンプルで且つ短い文章でディクテーションを行っていく方が理想的です。

 

スクリプトと見比べながらの取り組みができるもの

ディクテーションの最大のメリットは、ディクテーションをしながら主語、述語といった文法構造を聞き取る&理解する練習になることです。単なる「リスニング」や「ヒアリング」ではなく、聞いた後での復習と反省を一度に行うハイブリッドな勉強方法です。

自分で書き起こすため、英文構造への理解と細かな文法をチェックできるので、リスニングだけではない英会話に必要な要素の訓練ができるのが大きなメリットになります。書き起こした後のスクリプトを見ながら、復習と反省を行うことでリスニングにも生きてきますので、ただ聞き取るだけなんてもったいない勉強をしているようであれば、ディクテーションを行っていった方がいいでしょう。

 

ディクテーションのポイントと具体的な方法

ディクテーションとは?

「英語を聞いた後に書き取りをする勉強」のことを一般的に指します。まず、英語を聞いたあとその英文を書き起こす作業をし、リスニングの強化とライティングや英語のルールについての確認をする訓練にあります。音で聞いた英語を文字に起こすので、リスニング学習としては非常に有効的。

ディクテーションのポイントと目的

①英語を音から理解し英語の構造を考える

英語を聞いた後に書き起こすため、英文の構造や文法等についての復習になり、フレーズ単位で英語を覚えるにも最適な学習方法になります。自分の手で書き起こすため、暗記や英文の理解にピッタリ。

 

②書き起こすことで客観的なリスニングのチカラの確認

書き起こす作業自体、リスニングが出来ていないとそもそも行えません。聞き取れなかったら「なぜ聞き取れなかったのか?」「発音はどうなっているのか?」という客観的なリスニングの力を確認することができます。一人で勉強していてはあまり実感できないことや反省し難いことも確認作業としても利用していきましょう。

 

③英語を単語ではなく文として理解する。

ディクテーションをやっていると、単なるクイズのような感覚ではなく英文全体を”聞く姿勢”に変っていきます。単語単語で理解していくのではなく、段々と英文全体での意味を取っていくような訓練ができるので、コミュニケーションにおける生きた会話をする上でも非常に効果的になります。

ディクテーションの具体的な方法とコツ

①英語音声をまずは聞きます
(※文章ではなくフレーズ単位が望ましい)

②聞き取れた部分だけでも書き出す
(単語綴りや細かな間違いは気にせず、聞き取れた部分と聞き取れなかった部分を明確にしておく)

③筆記した文章を精査
(文法的にあるいは英文の構造的『主述の関係、時制、冠詞など』にあっているかどうかの確認と答え合わせ。)

この三点の繰り返しになります。聞き取れなかったら聞き取れるまで繰り返ししていくことが大切です。自分が聞き取れた音というのは、次回違うセンテンスで聞いた時でも聞き取れるようになっていますので、まずは自分のリスニングのボキャブラリーを増やすイメージで続けていきましょう。

ポイント
・書き取りを始めるのはそのセンテンスを最後まで聞き取ってからにする
・聞き取れなかった部分や文法的にわからなかった部分はメモ→復習

 

ディクテーションの効果

英語を勉強すると気づくことが多くありますが、その中でも同音異義語や発音だけ異なる紛らわしい単語があります。文脈によって違う意味を表す言葉や、初めて聞くような熟語等も英会話における実践でよく遭遇するシチュエーションです。

これらの単語や熟語について、一番手っ取り早く対策できることは「経験を積むこと」です。そして、リスニング+書き起こしで実践経験と反省・復習を一度に行えるのが『ディクテーション』という勉強方法になります。リスニングにおいて、音声上はまったく同じに聞こえたり、すぐには判断できない発音で聞こえたりするケースがありますが、ディクテーションで書き起こしという一連の流れを行うことによって、文の構造であったり、単語の用法を実践的に勉強できるのがポイントです。

英会話における状況判断の訓練

英語の音声を聞いて、すぐさま内容を精査し書き起こす。この流れの中で経験的に状況判断の反復練習ができます。通常の英会話では、「音の強弱」や「発声しない音」というような音がはっきり聞こえない状態や、言葉の流れによる「連結」と言われる音のつながりや「同化」など、リスニングで困るような状況が必ず起こります。

こうした実践における状況判断を疑似体験するという意味でも、ディクテーションは効果を発揮し、糧となる経験値をもたらしてくれる効果的な方法として有効です。

英語の総合力を上げる

ディクテーションは、単純な音の聞き取り作業と書き起こしという部分で、地味な作業と思われがちですが、繰り返し紹介している通り「聞くだけでは終わらない」次のステップも踏んだ勉強方法になります。単純なリスニング能力だけではなく、ライティング力や英文理解当の基礎的な部分の素養もおのずと必要となってくるため、英語の総合力を底上げする勉強方法でもあります。

多くの人が「聞くだけ」や「楽して」英語を勉強したい。物にしたい。と考えることが多いですが、本当に楽に英語力が身につくなら、だれも苦労しませんし、日本人が英語が苦手なんて話も有名にはなりません。ディクテーションをはじめとする、地味でこつこつ取り組むようなことこそが皆さんの取り組みにおいて不十分なところでもあり、伸びしろの部分でもあります。

あきらめるよりもまず、こういった作業から英語の勉強を取り組んでみることをおすすめいたします。英会話教材のおすすめランキング

first第1位  スピークナチュラル ★★★★★
speaknatyu

ポイント

◆英会話に特化した英語教材
◆最優秀賞も受賞する実績と評判
◆リスニングとスピーキングを強化できる

syousai koushikisite
second第2位 英語ぺらぺら君 ★★★★
peraperakun1

ポイント

◆教材では低価格帯のお手頃値段
◆言語学者も開発を監修
◆あらゆるシーンを想定した教材

syousai koushikisite
third第3位 ネイティブイングリッシュ ★★★★
nativeng

ポイント

◆今英語教材でもっとも勢いがある
◆内容もサポートも充実(返金保障・メールサービス)
◆河北麻友子もおすすめ

syousai koushikisite

 

 - おすすめの英会話の勉強法