日本人が英会話ができない根本的な理由

「日本人の多くが英語ができない理由」というのは、今までで色々と議論されたり、それについての本が出されたりと今尚盛んに話されている話題です。

日本人の性格的な面や文化的な面等、色々と議論されているホットなトピックスでもありますが、なかなか英語を話せるようになりたい方にとっては頭の痛い問題でもあります。

当ブログでも、英会話・英語を習得するにはという視点で様々な記事を紹介させて頂いております。勉強する上でのtipsやおすすめの勉強法については責任をもって執筆させてもらっています。

 

”そもそも”日本人が英語ができない根本的な問題

CIMG1061「日本人は○○だから英語ができない」という話は、決して単純ではありませんがもっと根本的な広義の原因をと考えた場合、日本において英語が話せないというのは、”話せない”ではなく、「単に必要ない」だけだと思っています。

日本で生活していて、普段の日常生活において、大半の人。きわめて大多数の人たちは英語を使う機会がほとんどありません。

仕事で英語を使っている。英語圏の友達がいる。あるいは夫(妻)だ。という方でない限り、日常生活で英語を自然に使う環境というのはそうそうないでしょう。

我々の普段の生活で目にする英語も、道路や地図の標識ぐらいでしょうか?そういう環境ですし、当たり前ですが、日本はほとんどの多くが日本人で日本語のみで生活しています。

歴史は長く、独立国家として存在した”島国”としては、他民族ではなく日本語を共通言語としている日本人が、これまたあたりまえですが、生活しています。

 

 

多民族国家ではないという英語の環境

CIMG1815日本語のみで全てが完結する生活は、本来それは当たり前ではなく、多民族国家も沢山あります。

色々な人種の方が混ざり合ったり、色々なオリジンをもった人が生活しているような国にあっては、共通語というのが存在しつつも、日常生活においても沢山の言語が飛び交うようになります。

ある地域によっては、この言語が大多数をしめ、またある地域では、別の言語が話されるというような環境の国もあるくらいです。

地続きの大陸では、しばしば地域によって使う言語が異なっています。方言というレベルではなく、言葉自体が違うというようなことが世界ではしばしばあります。

 

たとえばスイスの場合

Swiss_languages_1

 

スイスの地図は、4つの言語が話されている地域で、きれいに区分けされる。

(紫 :フランス語、 黄 :ドイツ語(アレマン語)、 緑 :イタリア語、 赤 :ロマンシュ語)

 

スイス wikipedia 

 

このように、地域によって話される言語が違っています。

このような環境にあって、当然いろいろ言語を聞いていれば、他国の言語に抵抗もなくなります。言語の壁ができると、共通語も必要になります。

共通語が必要ないとしても、お互い意思疎通をするために、お互いの言語について理解が必要という場面が出てきます。

だからそういった、言語が混じるような国の人は、言語自体に抵抗もありませんし、言語へのハードルが低く話す事が出来るのだと思います。

こういった地域の人は、異なった文化的背景を持つ言語に対して抵抗がないため、お互いの言語をある程度理解できたり、言語学習においてスムーズに勉強できる環境にあります。

 

 

共通語としての英語

CIMG1741ビジネスの世界では、沢山の人種が同時に会話するのですから、当然コミュニーケーションの為、共通語の言語も必要となりますから、そういったアドバンテージが最初からあると日本の環境とは大分変わってくると思います。

突き詰めて考えれば、日本人が英語をできない理由は、周りが日本語で全て完結し、英語を話す必要も人がいないから、そして話す環境自体ないからだという理由もどうやらありそうです。

考えれば当然で普段、耳にせず、口にせず、英語ができるようになる訳がありません。

能力の問題ではありません。世界の平均的な人と比べて平均的な日本人が、語学力において劣るということは無く、英語を話す環境が極めて少ないと言い換えてもいいでしょう。

では、どうすればいいか?というのは比較的簡単で、生きた英語の勉強をすれば良いだけです。外に出て、だれでもいい、外人を見つけて話しかけて、覚えた事を実践するのが習得への近道でしょう。

 

 

英語への抵抗を捨て、言語に慣れる

CIMG1714こういった、日本を取り巻く環境というのは、意識しなければ中々変えることはできません。

英語を使わずとも日本語ですべて完結してしまう、日本にあって英語を話したり、英語でコミュニケーションをとったりすること自体工夫しなければ得られません。

そのために、英会話サービスを利用したり、外国へ留学したり、外国の友達をつくったりと。自発的に行動しなければなりません。

繰り返しになりますが、英語(言語)は「慣れ」という部分が非常に大切です。

英語で聞いたものを、日本語に訳し、日本語で考え、英語へ翻訳する。という流れより、英語で聞いて、英語で考え、英語で話す。という行為を自然にできるようにするには、なにより毎日の積み重ねと英語に触れる時間がなければ、なかなか変えられるものではありません。

英語に慣れるためにも、環境や英会話サービスを実際に利用して英語に触れること自体がとても大切になります。

 

 

英語に慣れるにはオンライン英会話で

お財布にやさしく ビジネス英会話を ネイティブに学びたい
goodprice business improve
料金を比較してオンラインサービスを選びたいと思っている方はコチラ ビジネスでの利用を考えている方は、ビジネスに特化したサービス ネイティブから本格的な英会話を学びたいと考えの方はコチラ