オンライン英会話をつかった勉強への取り組みとヒント

私たちが受けてきた一般的な学校の授業である”英語の勉強”というのは、「英会話」の勉強とは似て非なるものです。

海外へ旅行してみて感じたかたも多いかとは思いますが、英会話というのはライティング・リスニングとはまた別の分野になります。

 

もちろんリスニングなんかは、英会話をする上で必要不可欠な勉強の領域にはなりますが、リスニングができたからといって、会話ができるとは限りません。
skyscraper-450793_640

 

 

英会話を勉強するには

IMGP0499「英会話は義務教育で受けてきた英語の勉強とは違う」と書かかせて頂きましたが、英会話にももちろん、文の構造を理解する事やリスニングというのは、繰り返しになりますが必要です。

 

基礎体力として、語彙力や相手の言っていることを正しく理解するチカラというのは、当然ですが英会話において大切で必要なことです。

 

必要ですが、”できたからといって英会話ができる”ようになるわけではありません。英会話には、なによりも慣れが必要ですし、会話をするための勉強も当然必要になってきます。

 

じゃあ英会話の勉強はどうすればいいのか?

 

というのは簡単なことで、実際にコミュニケーションを取る実践型の勉強が一番効率的で効果的です。色々と間違えながら、経験しながら言葉を覚えていくというのが、やはり一番いい方法になります。

 

というよりも、「英会話」という言葉そのものの「会話」となると、勉強といっても座学で机に向かって勉強するというよりかは、より実践的で会話をしながら習得していくというのが、やはり英語で考え英語で話す訓練にもなるので一番いいでしょう。

 

よく言われる話ですが、私たちが日本語を不自由なくしゃべれるようになったのは「勉強していたから」ではなく、「会話を真似していた」「色々と経験しながら覚えた」という面が一番大きいでしょう。

 

日本語でも英語でも同じです。実践あるのみ。

 

 

慣れこそ英会話習得への近道

IMGP0497英会話は慣れ」と書きましたが、英語でしゃべる場合、英語で聞き英語で理解し考え英語でっしゃべるほうが当然スムーズです。

 

頭の中で、しゃべりたい英語を一旦日本語で思い浮かべ、それを英語へ頭の中で訳し、口から発する。という流れは、やりがちですが間違っています。

 

英語で考え、英語で伝えるというのがなにより理想です。日本語を話すときも当然そういうことを無意識にしています。また、いかに英語に慣れ、表現の引き出しやシーンを経験できるか?というのも非常に大切になります。

 

例えば、

Q.What do you want to eat?
(何を食べたいですか?)

A.おなかが減ってないので、何も食べたくない(まず日本語で思い浮かべる)

(なんて応えたらいいんだろう…。何もたべたくないって、なんて表現したらいいんだろう…)

I want to eat apple.(表現の仕方が分からないから、おなか減ってないけど無難に答えとこう)

 

なんて思いをした人は少なくないのではないでしょうか。これは、語彙や表現の仕方を知らないことに起因しますが、そういう場面をどれだけ経験済みか?で答えられるか答えられないか?の差になってきます。

 

単に、勉強不足だったというよりかは、表現するための訓練不足、経験不足といったほうが適切でしょう。そういうシチュエーションを慣れておくことや、言葉が自然に出てくるほど会話に慣れてきたらしめたものでしょう。

こういった経験も、実際に「どう表現したらいいんだろう」「なんて伝えたらいいんだろう」という経験が、次の経験に役立ちます。

 

そういった、慣れや経験という意味でも、実際の英会話の勉強においては、間違いを恐れずに積極的にコミュニケーションをとったり、間違っても構わないくらいのスタンスで臨みましょう。

 

英会話はとにかくしゃべること

IMGP0747慣れと経験は確実に英語力をアップさせる要素です。間違えが気付きを与えてくれますし、会話の経験が記憶を確固たるものとしてくれます。

 

そういった意味でも、様々なシーンをあらかじめ想定し、そのシチュエーション別にフレーズを覚えてしまうというのも、非常におすすめします。

 

こういうフレーズ単位で文を覚えておくことで、文の構成や文法も後からついてきます。「あ、この表現はフレーズを覚えた時あったな」や、センテンスの語順等も自然と覚えられます。

 

また、そのフレーズをTPOに合わせて、適宜単語や時制を替えていけば会話はなりたちます。表現の乏しい英語だとしても、相手には十分伝わります。

 

こういう場合は、こういう表現あるいはこういう言い回しで。という英語脳ができてくれば、英語のアレルギーはなくなるでしょうし、会話の楽になるでしょう。

 

そういったフレーズをあらかじめ覚えることや、会話自体に慣れるということは、英会話の上達において非常にためになるものです。

 

実際の会話では、自分の気持ちをスムーズに伝える必要があります。もちろん、母国語が英語ではないので、考える”間”や多少の間違いは、そこまで問題ではありませんが、定型文のようにそのフレーズを臨機応変に応用していくというのはとても大切です。