英会話のおすすめと役立つ勉強法|ゴーアブ!

英会話のおすすめとそれぞれの勉強方法についてのまとめ

世界を自分の目で見るための英会話とおすすめの勉強方法

      2016/10/01

globe

「海外へ行ってみたい」「海外と関係する仕事につきたい」と思った時、まず考えられるのが言語であり、英語の勉強になるでしょう。海外旅行の際にも強く「英語が話せたらなぁ」と思う人も少なくないかと思います。

世界の共通言語であり、英語が話せればなんとかなるので「話せるようになりたい」と思うことは当たり前のことですし、勉強する動機にもなることです。

海外へ出る時に必携のツール

世界を旅行するあるいは、留学してみる住んでみるといった時に何が一番必要か?と問われた時に答えたいものといったらやはり「言語」でしょう。

意思疎通ができればとりあえずは困ることはありません。物理的なものが足りなくて困ることは当然あるかもしれませんが、スムーズに意思疎通ができれば、助けを呼ぶことも教えてもらう事も可能です。

「英語」として認識すると、勉強や学問的な意味合いとして認識してしまうことの方が多いかもしれませんが、コミュニケーションとしての共通言語としてみれば、道具と認識したほうが適切でしょう。

 

世界を見るための”英語”

たとえ英語が話せなくても、海外旅行はできますし、観光も可能です。それでもより多くの情報や現地の人のことを理解しようとしたらコミュニケーションは必要になってくるでしょう。

より正確に世界を知るためにも英語が話せるに越したことはありませんし、話せないのと英語を話せるのとでは、楽しみ方も選択肢の幅も広がるのは間違いないでしょう。

ツアーでの表面的な旅行と現地の人と同じような遊びをする旅行。どちらもメリット、デメリットはありますが、よりディープのその国を知りたいと思ったら英語は話せたほうがいいのは間違いありません

①英語ができることによる広がり

英語ができることによる単純な広がりとして考えてみましょう。英語を公用語としている国の人口はおよそ4億人。そして第二言語や実用レベルで英語を話せる人は世界におよそ17.5億人とも言われています。日本の人口がおよそ1億人ですので17倍以上ものコミュニケーションの広がりがあります。

②チャンスや選択肢が増える

①でも触れましたが、英語を話せる人というのは世界でおよそ17億人以上いると言われています。その分チャンス・機会というのは当然増えますし、選択肢という意味でも増えるでしょう。なにより日本語しかできない人よりも、行動範囲から活躍範囲を英語が通用する域内まで広がるわけですから、チャンスも選択肢もおのずと増えていきます。

③その国を知るための一番の方法がコミュニケーション

コミュニケーションができるできない。意思疎通を通してその国の文化や慣習を知るというのは、とても大切なことであり、単純に過ごす・見るだけでは見えてこない部分も”知る”ことができます。それを可能にするツールが言語であり、世界で通用する言語としての英語の位置づけになるでしょう。

 

英語をモノにするための3つの方法

独学で勉強するおすすめの英会話教材

ランキング 英会話教材 ポイント

crown261位

スピークナチュラル

詳細

crown332位

30日間英語脳プログラム

詳細

crown403位

脱カタカナ英語マニュアル

詳細

 

英会話スクールを利用するおすすめの方法

ランキング 英会話スクール ポイント

crown261位

COCO塾

詳細

crown332位

ECC

詳細

crown403位

イーオン

詳細

 

オンライン英会話のおすすめと勉強方法

ランキング オンライン英会話 ポイント

crown261位

DMM英会話

詳細

crown332位

ビズメイツ

詳細

crown403位

NTT&アルク

オンライン英会話

詳細

 

それぞれの良さと自分のタイプを振り返ってみよう

英会話教材等で独学

独学
メリット:自分のペースで勉強できる
デメリット:勉強に甘えが出ると上達もそこそこになっていまう

向いている人
・自分のペースで勉強した方が捗る人
・自分で決めた目標に向かって手を抜かない意思のある人

 

英会話スクールで勉強

英会話スクール
メリット:生の授業なので相談、疑問のサポートが充実している
デメリット:通学の必要があり、近くに教室がないと大変

向いている人
・悩みや勉強に対して色々相談したい人
・サポートを受けながらモチベーションを維持しつつ勉強したい人

 

オンライン英会話で勉強

オンライン英会話
メリット:時と場所を選ばず、格安でレッスンを受けられる
デメリット:講師の予約が取りづらいケースもある

向いている人
・時間がもったいないので数をこなして英語に慣れたい人
・最寄りに英会話スクールもなく、スムーズにレッスンを受けたい人

 

英会話は継続こそ力

ほとんど誰しもが英語を話せるようになりたいと思っている中で、英語が話せる人とそうではない人でどこが違うのか?といったら、英語に触れている時間というので間違いはありません。

頭の良さや年齢、学歴なんてものは関係ありません。日本語でも同じです。どんな人でも日本に生まれ、生活していれば日本語は話せるようになっています。英語も例外ではありません。

英語を身近に置き、英語に常に触れることで徐々に慣れていって英語の使い方やルールが体に刻まれていきます。現状話せない人の原因は「慣れていない」あるいは「英語に触れる時間が短い」というところに尽きるでしょう。英語を勉強できることを継続することこそが解決方であり、手っ取り早いものになります。

短期間で勉強して習得しようと思うのならより継続的かつ、触れる時間や濃さ等を意識しながら勉強するほうがより効果的になりますのでしっかり取り組んでいくようにしましょう。

 

 - おすすめの英会話の勉強法