オンライン英会話勉強におすすめなTIPSとポイントと大切な事

英会話を始めるという人は何を基準にサービスを選んだらいいのか悩む人も多いかと思います。今は色々なサービスがあり、価格も色々あります。

 

こちらのオンライン英会話を選ぶポイントでも紹介させて頂いてますが、まずは自分の目標とするところと、目的をしっかりと考えた上で、勉強にも取り組みましょう。

 

また、サービス自体も講師の質や、ネイティブの有無、日本語対応可かという事前に確認しておいたほうがいいかと思います。サービス自体の質も知りたい場合は、無料体験期間で実際に試してみるのもいいかと思います。

 

 

 

英会話で大切な事

IMGP1004英会話を習得するうえで一番大切なことは何でしょう。

 

色々な動機で英語学習を始める方もいらっしゃるでしょうが、TOEIC試験対策等の勉強ではなく、中でも英会話を始める方というのは、多くがコミュニケーションに焦点を当てているということだと思います。

 

少なくとも、相手と話すことを目的としている人が大半でしょう。だとするならば、まず一番大切なことは他人とコミュニケーションをとろうとする積極的な姿勢や伝えることへの意思でしょう。

 

英会話はあらかじめ相手とコミュニケーションを取るということを目的としていますので、勉強している段階にあっても、コミュニケーションを前提として「相手との会話をしていく」という姿勢は大切です。

 

 

 

英語での経験は今後の糧となる

IMGP0747英会話でのポイントとしては、間違いや経験というのは、はっきりと次への糧になります。「こういう時は英語でなんて言ったらいいんだろう」「今聞いた単語はどういう意味だろう」「この単語はこういうときに使うんだ」という”経験”自体が、直接的にそれ以後の英語能力を高めることになります。

 

そういった経験をしたら、二度同じことはやらないように、復習したり調べたりするはずです。同じようなシチュエーションにあったら、その時勉強したことや調べたことが生きるので、間違いや実際に経験したことというのは、自分にとっての財産となります。

 

極端な話、積極的な姿勢ではなくても、英会話において悔しい思いや苦い思い出等を経験した人は、二度同じ過ちをしないように気をつければ格段に英語は上達すると思いますし、習得において非常にいい刺激になります。

 

そういった経験は、やはり英会話を実際にしてみないと得られるものではないので、座学で勉強するよりも貴重な体験になることが多いでしょう。

 

そういった意味で、間違いを恐れずに英会話に取り組むことは、経験を得るうえでも勉強へのモチベーションといった意味でも大切です。

 

実際の会話でも物怖じせずに相手に”伝えること”を一番に考えるのが普通です。日本語でも、そこまで文法的にあっている。表現としてあっているということを意識している人は少ないと思います。

 

結局は、伝える姿勢が大切です。そのためにも色々な経験をつみましょう。

 

 

声に出すこと。英語を使う事。

IMGP0684次に必要なことは、間違ってもいいからとりあえず声に出してみるということです。

 

英会話学習をしている人の中には、失敗を恐れてあまり会話ができないという人もみうけられますが、これだといつまでたっても英語が上達できません。

 

「日ごろの行いを元に本番で結果を出す」よく言われるような話ですが、やっぱり「会話」ですから日ごろ英会話の勉強をする時も、実際に声に出してみるということは大切です。

 

まず、そもももの話ですが、英会話サービスを利用しているなら、その利用者は「英語を話したい」「勉強のために来てる」という、はっきりとした前提があります。

 

勉強しにきている人に、「間違えるな」「変な英語」と思う人はいません。講師も、英語を教えるという前提で接してくれます。間違えることはなにも恥ずかしくありませんし、おかしなことではありません。英語を勉強しにきてるんですから。

 

最初のうちは、間違っていても不正確でもいいのでなんでも口に出して表現したほうがいいでしょう。

 

 

 

英語で考える癖を

IMGP0567もし初級者の壁を打ち破りたいと思ったら、次に心がけていただきたいのは、英語で考える癖をつけることです。

 

英会話をしている最中にいちいち日本語に変換し、日本語で考え、英語に翻訳し話していたら、反応のスピードが遅くなって会話についていくことができません。

 

そのためにも、日ごろから英語のフレーズを頭に思い浮かべたり声に出すことが大切で、フレーズをそのままオウム返しでも問題ないので、そういう習慣をつくるのもおすすめです。

 

日本語を経由せずに英語を発する訓練こそ、大切で英語脳をつくっていきましょう。

 

また、日本で英語を毎日使う環境を整えることは決して楽ではありません。日本語があれば不自由しないので、英語に少しでも毎日触れておくことが大切です。

 

英語のことを日常で、少しでも考える時間と英語で表現する癖を日頃からできていると、実際の英会話の場においても、スムーズな会話ができるようになると思います。

 

英語に限らず、どの勉強においてもそうですが、地道な努力がとても大切になります。