英会話のおすすめと役立つ勉強法|ゴーアブ!

英会話のおすすめとそれぞれの勉強方法についてのまとめ

英会話の学習のために留学情報の収集と便利な資料請求サイト

   

英会話の勉強の方法として留学や語学学校の情報を探している人も少なくないかと思います。事前の手続きや海外での手続きを考えたら、あらかじめある程度の情報は知っておく必要があります。

留学のエージェントを通したりするとしても、一度自分で資料に目を通し、確認事項や疑問点を早めにつぶして置くのがポイントになります。

便利な留学に関する資料の無料一括請求サイト

留学先の資料一括請求「留学style」



 ポイント

無料で留学先の資料請求可能
行き先、目的別に問い合わせ可能
一分の簡単入力でラクラク申し込み

公式サイトボタン

希望する国から選んで、入力事項を記入してポチッと押せば、無料で資料を一括請求できます。また、この留学styleを運営する「YONET」は10数年も留学やワーホリ情報の提供をしている会社になります。留学の説明を受ける前の判断材料として色々な国や学校の資料に目を通して自分の中でピンとくるものがあれば、詳しくお問い合わせをしてみればいいでしょう。

留学とあわせて、ワーホリを検討中の方も上記の留学styleさんで資料請求可能になっていますので、気になる方は資料請求をしてみてください。(※無料です)

 

ワーキングホリデー関係の資料なら「アイエス留学ネットワーク」



 ポイント

無料でワーホリ先の資料請求可能
行き先、目的別に問い合わせ可能
一分の簡単入力でラクラク申し込み

公式サイトボタン

 

 

希望を明確にするための情報収集

上記の無料の資料一括請求で情報収集するのも「留学したいなぁ」という漠然とした気持ちを明確にするために資料を見てみるというのがポイントです。

当然、留学するのにもお金が掛かってきますから、ある程度のその国での留学費用(入学金や授業料)や生活費用を見極めないといけません。より具体的な数字や見積もりをもって、留学を現実的にさせるために資料請求をしてみることが必要でしょう。

また、留学費用がしっかりと見えてくればお金を自分で貯めたり、あるいは別の方法であるワーキングホリデーや奨学金制度等を利用しての渡航という選択肢も見えてきます。

そういう次なるステップあるいは選択をするためにも一度留学の費用や学校内容、雰囲気等を資料を見ながら考えてみることをおすすめします。

 

留学情報と一緒に予算やコストについて考える

留学したい国が既に決まっているというケースでしたら、その国の物価や生活費の概算を計算していけるかと思いますが、まだ決まっていないようなケースであれば、大体の予算や掛かる費用の大まかな見立てをしておくといいでしょう。

資料請求で色々と国を見てみて計算するのでもヨシ。ワーキングホリデービザ(就労可能なビザ)のある国を検討してみるのもいいでしょう。

留学は意外と見えない部分(病気や保険等)でお金が掛かってくるケースもありますので、なるべくシビアに色々と考えていくのがいいでしょう。

予算や物価を考えるポイント
・ひと月に掛かる生活費を物価から計算
・入学金、学費のほかに掛かるであろうものも計算
・もしもの時の病気や保険への加入の分も見積もる

 - 語学留学