英会話の勉強を前提とした独学が可能なおすすめの英語教材

英語の教科書や参考書というものの多くが「英語の基礎」を学ぶためのものであり、リーディングやライティングというものにフォーカスしたものとなっています。

一方、スピーキング(英会話)にフォーカスした教科書や参考書というのはあまりないのが現状です。それがリーディングやライティングは比較的得意だけど、英会話は全然駄目という日本人に多いパターンに少なからずは繋がっているのも理由のひとつでしょう。

英会話を前提としたおすすめの教材

英語の基礎という部分は英会話においても大切な部分になりますので学校教育の取り組みも無駄ではもちろんありませんが、英会話には経験と体験がとても大切な部分になります。

黙っていても英会話できるようにはなりませんし、テストが100点でも英語がペラペラではないというのは私たちの経験則のとおりです。

英会話を前提としている?

英会話を前提としているというのはどういう点か?という疑問はもちろんですが、ポイントとしては下記の三点になります。

・リスニング力のアップ(聞き取り能力)
・簡単かつ利用頻度、利便性の高いフレーズを網羅
・入門にも使えるわかりやすい教材

リーディングやライティングは散々中学、高校あるいは大学で勉強してきた方がほとんどかと思いますが、英会話の勉強を本気でこれから取り組むという人はそこまで多くはないかと思います。

その点「分かり易く」「実践的なフレーズ」「聞き取りやすい」教材というのは、実際の英会話の現場でもとても役に立つものになっています。

英会話のスキルアップにパターン化と反復練習

英語の学習の中でも英会話というのは苦手という人も多いのでしょう。リーディングやリスニングなどでは、ゆっくり辞書を引きながらや自分のペースで英語を理解していくこともできます。文を繰り返し読んだり、前後で推測をするということもできるので少しレベルが高い英文でも理解できるというケースもありえます。

しかし英会話となるとそれなりに簡単なやり取りでもすぐに答えないといけなかったり、次の言葉と瞬時に出さないと会話として成立しないという難しさが当然あります。そういったスムーズなコミュニケーションや返答して英会話を続けていくスキルが求められる中では、英語自体をパターン化したり、フレーズ単位で会話例を覚え、慣れていくことがとても大切になっていきます。

そういった英語を簡単化し、パターンやフレーズの語彙を少しずつ多くすることで、いろんな返答のバリエーションを増やしていくこともできますし、聞きたいことの細かいニュアンスまでのレベルに少しずつ近づくことが出来ますので、英会話の勉強を前提とするなら、シンプルな英語でフレーズ単位で勉強していくことが英会話上達の近道です。

英会話はシチュエーションと紐づけてフレーズを覚える

英会話を前提とした英語の勉強で「フレーズで覚える」「パターンで覚える」というのはとても大事ですが、単純に記憶という形でインプットしておくに加え自分の体験やシチュエーションを元に記憶をしていくのもとても効果的になります。

具体的な例としては、道を尋ねたいとき、逆に道を英語で聞かれたとき、日本文化について話すときなど状況を自分に置き換えて、フレーズとセットにして覚えましょう。その際にまずは、音で確認し、実際に口に出す。これが非常に効果的です。インプット、アウトプットが一連の流れを作り、一つのサイクルとして回り始めますので、より効果的になります。

 

英会話の勉強におすすめの教材

上記のように独学で英会話の勉強をする場合『英会話』を前提として勉強をしていく必要があります。英語の文法やルールといった勉強とは別に、コミュニケーションや実際の会話の場面を想定した取り組みをしていかなければなりません。

その際にポイントなのが
①フレーズやパターンのバリエーションを増やせる
②継続してできる仕組みがある
③初心者でも取り組める簡単かつ実用的なもの

という条件がそろっている教材がベストでしょう。単なる教材ではなく、英会話を前提とするならフレーズやパターンのバリエーションがあるものが第一。次に、教材を買ってすぐ飽きてしまったなんてことにならないように、継続して取り組める仕組みあり、シンプルイングリッシュで取り組めるものが英会話教材においてはとても大切なことです。

その条件の中で「値段も比較的安く」おすすめなのがスピークナチュラルになります。

スピークナチュラル

会話に特化した英会話教材「スピークナチュラル」

speaknatural
「スピークナチュラル」は名前の通り、リスニングの後の会話をあらかじめ考え抜いて作られた英語教材になっています。リスニングの先も一緒に勉強して行きたいならおすすめの教材となっていますので、スピークナチュラルのポイントと合わせて確認してみてください。

ポイント
1、徹底した会話型学習
2、誰でも聞けるスローリスニング
3、7語以上のシンプルイングリッシュ
4、文法いらずのシャドーイング学習

syousai

スピークナチュラルの特徴

シンプルでわかりやすいことで会話へのアプローチをしていくというのがスピークナチュラルの特徴ですが、そういったレッスン内容であるのも、まず私たちに必要なことは、「ネイティブ顔負けの発音」ではなく「ネイティブに通じる発音」あるいは「通じる英語」が必要だからとの想いからされています。

英語が分からないから諦める
英語が聞き取れないからやる気がでない
英語が難しいから途中で続かなくなってしまう

こういった悪循環をなくして、継続できるようにまずは英語に慣れ、フレーズで暗記してルールを体で覚えようというのが特徴になっています。基本を忠実に。そしてやさしい英語から勉強して段々と英語を体に染み込ませようというコンセプトで無理なくGIVE UPしないよう設計されています。

 

独学でコツコツ英会話を見据えて勉強

英会話において大切なのは「経験」というのは言うまでもありませんが、独学においても英会話経験を積むことは可能で、勉強に取り組みにおいてとても大切なことになります。

・英会話のフレーズを自分に置き換える

・口に出して発声することで実際に口の動きを覚える

当たり前のことで「こんなこと?」と思うかもしれませんが、独学で勉強するということはこういうことです。自分ひとりで英会話を上達させようと思ったらとても大切なことです。机に向かって英会話が話せるようになるのなら、学校教育で十分なハズです。

それでも尚、英会話がろくに話せないなら、今までの勉強方法を変えるべきで、こういった二点の勉強をこつこつ続けることが大切でしょう。学校でしてこなかった口に出す事とイメージして自分に置き換えることは必要なことと言えるでしょう。独学で英会話の勉強をするとなったらこういった地道な取り組みがとても大切です。