英会話のおすすめと役立つ勉強法|ゴーアブ!

英会話のおすすめとそれぞれの勉強方法についてのまとめ

海外へ飛び出すことがおすすめの理由とメリット

      2016/06/25

海外へ行くときに確認するインターネット環境

日本以外の国を広く「海外」と括った場合、その行き先はおよそ人生では回りきれないほどの国と生活と人とが存在しています。

世界一周といっても主要な国や経由が簡単な国を回ることが多いですが、それでもあらゆる国の雰囲気や空気を感じることができる海外はとても魅力的な存在です。

海外へ出ること=日本を意識すること

japan-112722_1280

海外へ旅行へいくのでも勉強へいくのでなんでも構いませんが、いざ出てみて感じることというのは、その国ことと同じように日本を感じることでもあります。

比較対象としての日本

日本で育ってきたなら日本の「今」が普通だと身に染みているでしょう。その私たちの普通と海外を比べることこそが、私たちが感動する源であり、その国への印象でもあります。

たとえば
・洋式の建物、お店
・お城やその国独特の観光地
・人の雰囲気で街の雰囲気

これらを自然と「日本と比べる」ことで異文化であること、違うことを私たちは認識しています。そういう日本を俯瞰的に見れるあるいは海外を比較して感じることができることは、今後の自分の人生を考える上でとても良い経験にもなるでしょう。

 

日本の良さを知る

上記の比較することでいろいろと感じることや勉強になることがありますが、海外へでることで日本の良さがよくわかるというのがあるでしょう。よく言われる日本の良さというのもありますが、実際に自分が海外に行くことで理解できることは、メリットのひとつでしょう。

日本のよく言われる良さ

・治安が良い
・ご飯がうまい
・交通の便が良い

etc….

外に出て知る日本の良さというのを実感できるのも海外へ出ることの魅力のひとつです。自分が育ってきた国のこと。自分と切っては切れないアイデンティティを深く知ることはとても大切なことです。

 

比較対象をたくさん持つこと=視野が広がる

こういった色々な国と国を比較してみることで、自分の中での選択が広がるのはいうまでもありません。つまりは、比較対象がいっぱいあることで、より正確な判断とニュートラルな考えができるようになることでもあります。

今はLGBT(性的少数者)の問題が浮き彫りになっていますが、日本は世界に比べて遅れているのが現状です。こういったケースも自分で実際世界に行ってみることで初めて理解でき身近に感じれることでもあります。

良いのか悪いのかという判断材料ではなく、国による違い。翻って日本はどうなのか?という判断が自分でできるというのは大きなメリットです。

 

海外へ行くことは刺激にもなる

海外へ行くこと自体が自分への刺激にもなりますし、新たな目標や目的を見つけることができる可能性も秘めています。

ただし、何も目的意識を持たずにダラダラと海外で生活することはおすすめしません。そのダラダラしている時間自体が勿体ないですし、日本と違い海外にいること自体でそのダラダラしていることにも気づかないケースもあるからです。

簡単な目標や目的でも構わないかと思いますが例えば、
・英語を話せるようになりたい
・海外で日本人としてできることをしたい
・海外の状況を日本の人に伝える
などなど…

些細なことでも目的があるのとないのとでは大分違います。漠然と行くよりも遥かに有意義になりますので、ここら辺をしっかりと考えておくのもいいでしょう。

海外で通用する英語を見につけるなら

osusumeonline osusumeresson

 - 海外就職