海外で働くコトの理由を世界の平均年収ランキングと就労環境で考える

海外で働きたいと思った時に気になる部分というのは、働く環境とお金にまつわることでもあるでしょう。それぞれの国の治安や気候等も当然大切な部分でもありますが、働く環境と平均年収をまとめてみましたので参考にしてみてください。

世界の平均年収ランキングTOP30

30位 ニュージーランド
国民1人当たりの平均年収:$36,342(約430万円)

29位 韓国
国民1人当たりの平均年収:$37,413(約443万円)

28位 日本
国民1人当たりの平均年収:$38,797(約459万円)

27位 イギリス
国民1人当たりの平均年収:$39, 224(約464万円)

26位 フィンランド
国民1人当たりの平均年収:$41,393(約490万円)

25位 フランス
国民1人当たりの平均年収:$41,396(約490万円)

24位 ベルギー
国民1人当たりの平均年収:$42,923(約508万円)

23位 アイスランド
国民1人当たりの平均年収:$44,575(約528万円)

22位 オマーン
国民1人当たりの平均年収:$44,903(約531万円)

21位 デンマーク
国民1人当たりの平均年収:$45,800(約542万円)

20位 カナダ
国民1人当たりの平均年収:$45,981(約544万円)

19位 台湾
国民1人当たりの平均年収:$45,996(約544万円)

18位 ドイツ
国民1人当たりの平均年収:$46,165(約546万円)

17位 スウェーデン
国民1人当たりの平均年収:$46,386(約549万円)

16位 オーストリア
国民1人当たりの平均年収:$46,906(約555万円)

15位 オーストラリア
国民1人当たりの平均年収:$48,288(約572万円)

14位 アイルランド
国民1人当たりの平均年収:$46,906(約555万円)

13位 オランダ
国民1人当たりの平均年収:$48,797(約578万円)

12位 バーレーン
国民1人当たりの平均年収:$52,830(約625万円)

11位 サウジアラビア
国民1人当たりの平均年収:$56,253(約666万円)

10位 スウェーデン
国民1人当たりの平均年収:$56,815(約673万円)

9位 米国
国民1人当たりの平均年収:$57,045(約675万円)

8位 香港
国民1人当たりの平均年収:$57,676(約683万円)

7位 UAE
国民1人当たりの平均年収:$67,201(約796万円)

6位 ノルウェー
国民1人当たりの平均年収:$67,619(約801万円)

5位 クウェート
国民1人当たりの平均年収:$71,600(約848万円)

4位 ブルネイ
国民1人当たりの平均年収:$80,335(約951万円)

3位 シンガポール
国民1人当たりの平均年収:$84,821(約1004万円)

2位 ルクセンブルク
国民1人当たりの平均年収:$94,167(約1115万円)

1位 カタール「世界で最も富める国」
国民1人当たりの平均年収:$146,011(約1729万円)
2015年度の国民1人当たりの年収を指標とし、「世界で最も富める国」第1位に輝いたのは中東のカタール。2022年にはサッカーのワールドカップ開催も予定され、さらなる経済効果の高まりが期待される。
MSNニュース:日本はどっち!?年収で見る世界の富裕&貧困国ランキング

 

海外の就労環境とチャンス

上記を見ていただけると上位はさすがに年収が高いということに尽きます。ただし、シンガポールや香港といったような金融国家、カタールやクウェート、UAEなどのオイル国家も含まれていることから、実際の年収とは多少異なる部分もあるかもしれません。

しかし、それでも就労者に「しっかりと対価として賃金を払う文化のある国」とも言えるので、そういった部分ではとても有用なデータと言えるでしょう。

こういった国で将来働くためにも今からキャリアプランを立てておくこともとても大切なことですし、キャリアステップとして上記の国を見据えて置くのも重要な部分です。

 

キャリアプランとしての英会話と転職情報

世界共通語としての英会話を勉強することは、世界での就労を可能にする意味でもとても大切なスキルであり、ポイントでもあります。

また、英語不要の海外求人等も事実存在していることから、転職情報や求人情報へのアンテナ感度は高めであることもポイントです。

◆より良い条件のための英会話
◆現地で勉強あるいは経験型の求人発掘

この二つの選択肢を考えながらご自身のキャリアプランを考えておくこともとても大切です。

 

日本で英会話の勉強するならおすすめのサービス

◆オンライン英会話
時間のない人向け。通う必要もなく、自分の好きな時好きな場所で受講できるのが何よりのメリット。早朝、深夜でも受講できるサービスもあり。料金も安いため多くの人が英会話勉強に活用

>>おすすめのオンライン英会話

◆英会話スクール
対面の強みが悩みや問題点を先生やスタッフと共有できる所。モチベーションを管理するのが難しく、相談しながら勉強をしていきたいという方は英会話スクールがおすすめ。

>>おすすめの英会話スクール

◆英語教材
文法た単語、発音も基礎からみっちり勉強したいという人はひとまず英語教材で独学に取り組んでみましょう。ただし、英”会話”は会話の経験と繰り返しが習得への一番の近道です。基礎を学んだら実際に会話の経験を積むことを意識しながら勉強していきましょう。

>>おすすめの英語教材

 

海外求人情報を集めるのにおすすめのサービス

英語スキル不問の求人もある?!マンモスサイト「リクルートエージェント」



リクルートエージェントは、皆さんご存知の通り言わずと知れた人材サービス会社。その規模は「国内シェアNo.1」「世界売上高4位」の規模を誇るリクルートが運営する転職支援サービスになります。

国内シェアを見て頂ければわかる通り、求人数は国内最大となる7万件以上もあり、海外求人や外資企業の非公開求人も多く取り揃えています。情報量と案件の多さでとにかく自分の条件にマッチする会社を探すなら、まずはリクルートエージェントに登録してみましょう。

私たちの転職、就職支援のお手伝いをしてくれるエージェントの方は、元々外資系やグローバル企業での勤務経験のある方も多くいるため、経験や実体験を基にした転職アドバイス、専門のコンサルタントとしてサポートしてくれます。海外就職や転職への不安を感じている方は、エージェントと相談しながら転職先を考えていきましょう。

外資、ハイクラスを狙うなら「JACリクルートメント」

JAC Recruitmentは、リクルートのような海外に限らず国内等の総合的な転職情報を提供しているものとは違い、海外転職により特化した転職エージェントになります。

「海外で働く」ための求人情報、転職情報としては専門型といえます。そのため外資系への転職も得意としていますので、非公開やクローズド案件も探してみたいという方は、このJAC Recruitmentに登録してみてもいいでしょう。キャリアステップとしてよりハイクラスを狙う方にはぴったりのサービスになっています。

また、このJACリクルートメントは、外資転職専門の日本人コンサルタントはもちろん、ネイティブコンサルタントによるバイリンガル転職支援サービスを提供している点が強みで、英文レジュメや英語インタビュー対策など、ネイティブチェックが受けられます。面接や転職時の不安を感じている方は、こういった対策をしっかりしてくれるJACの利用をしてもいいでしょう。