英会話は「習うより慣れ」オンライン英会話をうまく駆使しよう

ライティング、リーディングに比べて不得意な方も多いのが英会話です。よくよく考えると、試験にそういった科目自体がないので、当然といえば当然ですが、海外旅行へいってみたときに少し残念な気持ちになってしまうのも、英会話についてではないでしょうか。

学校では何年も英語を勉強はしてきたのに、いざ英語を使って話そうにも英会話自体に慣れていなく、思うようにコミュニケーションが取れないという人も多いのではないでしょうか。

英会話は経験や体験がものを言う

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

多くの人が会話をするのに抵抗があるのも不思議ではないですが、そもそも日本において英語を使わないでも問題なく生活できるという環境があります。

こちらの「英会話ができない根本的な理由」でも書かせていただいていますが、日本では他の言語が交わることがなく、全て日本語で完結してしまいます。

極端な話、海外に行くことや働くことがないひとにとっては、世界の共通語であっても話す必要がありません。そういう環境なので、英語に慣れるということ自体も少し大変ですが、基本的には言語を習得するには、その言語に慣れることが一番早いです。

考えてみれば非常に明瞭な話ですが、「おなか減った」「体調悪い」といったような簡単な文章というのは、日本語でも考えてしゃべっていないと思います。

空腹という状態の時を表現する文章として、「おなか減った」と口に出しているだけです。わざわざ文法的に正しいか?とか表現的にあっているか?というよりかはもう定型文として使い、あくまでこういう事象やシーンにめぐり合った時に使う表現のひとつとしてしているモノです。

英語でも同じように、生活している時にそういうシーンや場面へ遭遇し、表現のレパートリーが増えることで会話も、英語での表現も豊かになります。

そういう意味でも、英語はいろいろな経験を得ることで習得できるので、勉強を根詰めてやるというよりかは、英語にいかに触れていかに多くの時間を費やすかの方が大切になってきます。※もちろん机で勉強するような学習も当然必要です。

ですが、それよりも英語を話す上でまず大事なことは、まず耳と口を英語に慣れさせることです。英会話は数学や化学のような「勉強」ではなく、「言葉」です。もっと言えば、学問というよりかは、コミュニケーションを取る手段に過ぎません

つまり、勉強するよりもなによりも、「習うより慣れ」なのです。

 

英語には反復で慣れる

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一番身近で効果的な学習法は、学生なら学校の教科書を何度も何度も暗唱することです。それこそ、頭ではなく口が覚えてしまうまで行うのが効果的です。英語が口から自然にでるようになるには、フレーズで覚えてしまうのが一番楽です。

先ほどのお話ではないですが、「おなか減った」というフレーズは簡単な文で、尚且つ応用が利きます。「○○だから、おなか減った」「おなか減った。○○食べたい」など、短い文と文を繋げれば、それだけで、自分の気持ちを表現できるようになります。

はっきり言って、自分の気持ちを「文法がこうでしょ。時制がこうでしょ。単語はこれだから…」なんて考えた後に口に出すなんてことは、スムーズなコミュニケーションとしては成り立ちません。

簡単なのは、フレーズを覚えてそのフレーズに応用を利かせることです。

そのためにも、なにより”慣れ”が必要で、尚且つ反復の勉強によって、簡単な文自体を覚えてしまったほうがいいのです。それも、英会話を念頭に勉強するのであれば、しっかりと口に出して読んでみることをおすすめ致します。いくらノートに書いて覚えれるよりも格段に効果的です。

そして、何より反復練習が大切です。頭で考えずにそのフレーズがパッと出てくるくらい口に出して勉強しましょう。実際に有名な同時通訳者の中には、教科書を各ページ500回づつ読んだという方もいらっしゃります。

 

おススメな英語勉強方法

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

学生でない方、または学生でも教科書は完全マスターした、という方には、NHKの「ニュースで英会話」をお勧めします。

参考リンク:ニュースで英語-NHK

このニュースはインターネットで無料で配信されています。NHKの英語放送で世界に配信されたものから注目の記事をピックアップしていて、英語ニュースの本文はもちろんのこと、日本語訳や単語・熟語の意味、英語の音声なども揃っていて、かゆい所に手が届くほど充実しています。

アナウンサーの音声を聞きながら、同時に自分も声に出して読み上げていくと、最初はついていけなくても、だんだんと慣れてくるようになります。

音声のスピードも2段階あるので、初めは遅いバージョンで、慣れれば早いバージョンで力を試すこともできます。ニュース番組なので、実際に外国人と会話をするときにもすぐに使える旬のネタを仕入れられることもお勧めのポイントです。

 

英語そのものに慣れるための環境を

P5312474_result

英語が必要なく過ごせる日本で、話せなくても困らない日本にあって、日常で英語に触れる環境を整えること自体が、実は大変でもありますが、日常に英語をなじませられたらそれだけで、英会話ならびにヒアリングの実力はおのずとついてきます。

環境づくりと、コツコツと取りことこそが、近道でしょう。