難しく考えるべきではない英会話とその理由【まとめ】

difficult^image

日本人にとっては、英会話というのはリーディングやリスニングよりも身構えてしまうものじゃないでしょうか。街中で外国の方に話しかけられたとしたら、多くの方が「I don’t speak English」と答えるかもしれません。よくある日本人の話として有名ですが、事実、英語のコミュニケーションの部分についてはこういった反応が多い傾向にあると思います。

学校の現場でも、テストでリーディングやリスニングというのはあっても、実践的な会話の勉強はそもそも、あまりなかったのではないかと思います。

英語は学問ではなく言語。慣れと経験が必要

IMGP0201

英会話は、大人よりも子供の方が、覚えるのが早いと言われています。また、学校の授業より、英会話スクールの方が確実に有利でしょう。もっと言えば、英会話スクールより実生活やホームスティが有利かもしれません。

それは、やる気や自発的な動機によう影響だったり、環境的な要因で、そういった違いがあるのかもしれませんし、モチベーションの違いでもあるかもしれません。

そもそもの英語がしゃべれないと圧倒的に困るホームステイや留学が習得スピードが速いというのは、至極当然の話かもしれません。また、日常会話を考えてみてください。日本語が分からなかった赤ん坊はだんだんと自然に覚えていきます。日常会話等は、極端なことを言えば、勉強して覚える物ではありません。自然と慣れて、その中でなじんでくるものです。

また、日常会話と同じように大学受験程度のヒアリングも慣れが大切です。結局、英語に触れて発音がすんなり入ってくるようになったり、自然と聞けるようになるには、継続的な習慣が一番効果的です。

試験のための英語、また英語勉強は机に向かってしっかり勉強できるものですが、耳を慣らしたり英語を聞けるようになるには、継続的な時間が大切です。

英語に慣れるためのおすすめの勉強法

 

恐れることなかれ。そもそも母国語は英語じゃない

IMGP9880

日本人は、特にといってもいいほど、恥ずかしがり屋で、失敗する事を嫌います。ですが、どんなに完璧に勉強をした人で、学校で習ったり、発音記号で勉強しても、ネイティブと同じようになるには時間も、努力も当然必要です。究極を言えば、ネイティブと同じレベルというものはあっても、ネイティブになることはできないでしょう。

ネイティブといってもアメリカ人、イギリス人、オーストラリア人等色々ですが、我々の母国語は日本語で、英語ではありません。

それだけでも、間違えることに対して極端に怖がる必要がないことは明らかだと思います。自分の母国語でもない言語をはじめから完璧にしゃべろうとするほうが不可能で、不自然極まりないでしょう。勉強や間違いを重ねていって始めて、しゃべれるようになるというのが普通だと思います。

堂々と話すことが次につながる

また、英語は、国際言語として色々な国の人が利用しています。その土地土地の英語訛りもあり、英語といっても、様々です。

私たち日本人もジャパングリッシュと言われてしまうこともあるとおり、日本人に多い英語の話方が存在しています。例えば、日本人のノーベル賞受賞者は、英語でスピーチを行います。正直、上手な発音ではありませんが、堂々としゃべっています。

>>TEDで色々な人のスピーチを見てみる

 

英語はツールでしかない

P1000842

本来はそういった英語で構わないのです。キレイな英語である必要はなく、日本人英語でいいのです。大切なことは、あくまで英語は”ツール”であると認識することです。単なる人と人のコミニケーションツールに過ぎません。

一番大事なことは、伝えたい事を簡潔に纏め、伝えようとする意思であるという事を自覚しましょう。英語で話すというのは、コミュニケーションをとるために共通語である英語を使っているという事だけです。

シンプルな英語で十分伝わる

英語が間違っていたとしても、伝わってしまえばそこまで問題にはならないでしょう。もちろん、アカデミックな場やフォーマルな場では極力控えたほうがいいかもしれませんが、はじめから母国語以外の言語を完璧に話せる人はいないように、英語を学ぶうちにどんどんステップアップしていけばいい話です。

コミュニケーションの手段としての英語であって、英語を”話す”ことが目的の場合、多くの人は完璧に話そうと考えてしまいます。ですが、実際は意思疎通の方がよっぽど相手と自分の間には大切で、本末転倒になってることが多くあります。

初めはしゃべれなくて当然。不器用でも「伝える」ことがとても大切です。そこには、難しい表現を使う必要もありませんのでシンプルイングリッシュでもどんどん経験することが大切です。

>>フレーズ単位で勉強するおすすめの英会話教材

 

英会話は間違えてナンボの世界

オープンカフェ

子供は、すぐに覚えるといわれています。それは、考えてみれば圧倒的にどんどん話すからで、失敗して、そこから様々なことを学んでいくことを忘れてはいけません。

学校で学ぶ英会話を否定する気はありませんが、外国人とチャットしたり、スカイプしたでも構いませんし、外国人が集まる観光地やお店に行って会話したりすると、勉強ではなく、日常から英語と触れるようにするのが、理想的な勉強方法とも言えるかもしれません。

そういう日常の一コマでの失敗や経験が語彙や表現の多さに繋がっていきますし、豊かな英語になっていくでしょう。そうするためには、まず第一に英語を難しく考えないことです。それがとても大切なことです。

英会話の実践経験を積む方法