海外で働きたいならまず情報収集が一番大切でおすすめの方法

将来海外で働きたいと思ったら、まず一番最初に注意したいポイントが「情報」です。言語やスキルといったものよりもこの部分がとても大切になってきます。

海外就職において情報がなぜ大切なのか?

最近では、タイやインドネシア等のアジアの成長著しい国へ就職して働いている方がクローズアップされて、海外での生活と働き方を特集するテレビ番組やプログラムを見かけるようになりましたが、彼・彼女たちをみても、言語が必須条件でないのも特徴のひとつです。

海外で日本人スタッフが必要なケース

在日本法人向けのサポート業務
ex)コールセンター業務や海外研修生の送り出し等

現地の日本人向けの業務
ex)現地の日本人に不動産を紹介、サポート業務等

これらの業務が必ずしも現地の言葉が必要なわけではありません。海外で日本人向けの仕事であれば日本語での対応と業務になりますので、英語や現地語が話せなくても就業可能なケースというのは往々にしてあります。

問題は、日本を離れて現地で就労可能な人(言葉の分からない、勝手のわからない土地で仕事ができるような気概を持った人)かどうか?の問題になってきます。

 

海外就職の求人情報の重要性

こういった仕事というのは、まず自分ひとりで探していても情報は出てきません。既に現地に友人知人がいるというのであれば話は別ですが、そうではない人が情報収集をするためには、求人情報サイトに登録するか、もしくは現地に赴くかの二択になってくるでしょう。

それだけ、現地での求人情報というのはローカルですし、情報が大切部分になります。考えてみてください、日本の求人情報ですら色々な企業や会社を条件や環境等を考えて探して探してやっと見つける訳ですから、海外の情報においてはよりローカルなものになります。

海外就職の情報を得るには
海外求人情報サイトに登録
実際に現地に赴いて探す

 

スキルや言語と平行して早めの行動

海外就職にあたって、情報が大切なのは先にあげたとおりですが、もちろん言語やスキルといった部分もあるに越したことはありません。言語ができればより可能性が広がるでしょうし、就職においても有利なのは間違いありません。

ただし、求人や採用というのはお互いにとって”縁”でもあります。タイミングや人となりといった部分がマッチした時に晴れて採用といった形になるので、情報収集と平行してスキルや言語の部分を補っていくのが一番有効かつ効果的な行動になるかと思います。

海外就職におすすめな求人情報サイト

英語スキル不問の求人もある?!マンモスサイト「リクルートエージェント」



リクルートエージェントは、皆さんご存知の通り言わずと知れた人材サービス会社。その規模は「国内シェアNo.1」「世界売上高4位」の規模を誇るリクルートが運営する転職支援サービスになります。

国内シェアを見て頂ければわかる通り、求人数は国内最大となる7万件以上もあり、海外求人や外資企業の非公開求人も多く取り揃えています。情報量と案件の多さでとにかく自分の条件にマッチする会社を探すなら、まずはリクルートエージェントに登録してみましょう。

私たちの転職、就職支援のお手伝いをしてくれるエージェントの方は、元々外資系やグローバル企業での勤務経験のある方も多くいるため、経験や実体験を基にした転職アドバイス、専門のコンサルタントとしてサポートしてくれます。海外就職や転職への不安を感じている方は、エージェントと相談しながら転職先を考えていきましょう。

外資、ハイクラスを狙うなら「JACリクルートメント」

JAC Recruitmentは、リクルートのような海外に限らず国内等の総合的な転職情報を提供しているものとは違い、海外転職により特化した転職エージェントになります。

「海外で働く」ための求人情報、転職情報としては専門型といえます。そのため外資系への転職も得意としていますので、非公開やクローズド案件も探してみたいという方は、このJAC Recruitmentに登録してみてもいいでしょう。キャリアステップとしてよりハイクラスを狙う方にはぴったりのサービスになっています。

また、このJACリクルートメントは、外資転職専門の日本人コンサルタントはもちろん、ネイティブコンサルタントによるバイリンガル転職支援サービスを提供している点が強みで、英文レジュメや英語インタビュー対策など、ネイティブチェックが受けられます。面接や転職時の不安を感じている方は、こういった対策をしっかりしてくれるJACの利用をしてもいいでしょう。