英会話の勉強に関する失敗談から学ぶ

英会話の勉強をしようと思ってあれこれ考えてしまうケースや自分の勉強方法があっているのか間違っているのかと立ち止まってしまうことも少なくないでしょう。

そういったいわゆる考えすぎて”無駄にしてしまう時間”というのを避けるためにも「こういうケースで失敗した」という実際の声をまとめてみましたので、参考にしてみてください。

英会話の勉強における失敗談

寝る前に英語のリスニングをしていて結局眠くなって何も暗記できなかった(30代男性)
A,リスニングをする場合はシャドーイング(口に出して復唱)すると集中できて、眠くなりにくのでおすすめ。ダラダラやってしまう場合は5分なら5分など、きっちり時間を決めてその間を集中した方が効果的

 

最初から高い目標を立てすぎて三日坊主になってしまった(20代女性)
A,ゴールや目標を立てることはとても大切です。ただし、現実的なラインと直近の目標を細かく立てることも非常に大切です。
ex)TOEIC:650点目標→今度は750点→800点など、焦らず取り組める数値目標等も有効的です。

>>目標やゴールを立てて英会話の勉強に取り組む

 

参考書をあれこれ買って取り組むものの購入したこと自体に満足してしまった(20代男性)
A,結構やりがちなことですが、文法や英語のルールに関する参考書や教材はひとつで十分です。あとは繰り返し取り組んだ方が効果的かつお財布にやさしいので、コレと決めたら一つの教材で取り組んでいきましょう。買って満足するパターンはお財布にもやさしくないですし、英語も身につかない最悪なパターンです。

>>おすすめの英会話教材

 

英会話スクールのレッスンで話すより文法に気を取られライティングの勉強をしてしまった(40代男性)
A,文法やライティングの勉強はハッキリ言って自宅や独学で可能です。英会話(スピーキング)の機会であるレッスン中には”話す”ことにフォーカスするべきですし、わからなくても話す努力をしましょう。「できなかったこと」「話せなかった」経験というのは、その後のスピーキングの勉強にも生きてきますので、積極的に話すようにしましょう。

>>おすすめのオンライン英会話

>>おすすめの英会話スクール

 

映画やドラマを見て勉強しようと思ったが、難しすぎて無理だった(20代女性)
A,映画やドラマでのリスニングというのはある程度英語が聞けるようになってから。もしくは、内容を十分に知っている必要があります。出てくる会話というのは当たり前いですがネイティブが話していてスピードも速いものになります。
わからなくて飽きてしまうことも結構ありますので、そういう場合は子供向けのアニメなどの比較的映像や雰囲気等で理解しやすいもののほうが効果的です。

>>おすすめのYOUTUBEチャンネル

>>おすすめのラジオ英会話

>>おすすめの英会話ポッドキャスト