デフレや経済不安な世の中に自分のスキルアップとしての英会話

経済の不安定さやデフレ化の厳しい情勢の中、私たちができることは何か?というのは答えとしては簡単です「自分の価値を高め、備えること」でしょう。

不安定な時代だからこそ、会社や社会に貢献できるチカラを持っていた方が良い。結果そのチカラが自分を守る盾ともなるので、情勢不安な中だからこそ自分のスキルアップをした方が自分のためでもあります。

 

スキルアップとしての英会話

こちらの「日本の将来と英会話」でも紹介させて頂いていますが、日本は今大きな問題に直面しています。

①高齢化
②人口減少
③安い労働力の流入

これらたった3つの問題でも、企業や日本経済へのインパクトは計り知れません。人口減少による経済力の低下は、1.移民の受け入れ、2.単純作業のロボット化 でしか埋められないような状況になりつつあります

移民が大量に日本に来たら?ロボットが人間の仕事に取って代わられたら?を考えると、私たちも企業に必要とされる人間にならないといけないわけですが、その選択肢としての「英会話」を考えてもいいでしょう。

コミュニケーションという部分はロボットではできないでしょうし、移民の方にすぐにできるようになるか?といったらそうではないでしょう。日本語と英語を話せるバイリンガルであれば、企業としても人材として欲しいところも多くあるでしょう。

そういった「自分にしかできない事」「自分のポイントや売り」というのを持つというのはこれからの時代絶対に必要になってきます。

自分にしかできないこと。自分の強みを持つ

 

 

日本のこれからと英語とグローバル人材

グローバル。インターナショナルと叫ばれて何年も経った気がしますが、今尚多くの日本人は英語が苦手です。しかし、日本の経済力は右肩下がりの状態です。

人口減少による経済規模の縮小とは反対に、日本企業は海外での戦略を迫られています。つまり、日本の売り上げをカバーするための海外展開が目立っています。

人口が減少し、全体的な購買力や売り上げが下がる予想のある国では、企業も成長は期待できません。外へ向かい外の市場を取りにいくことが日本企業の生き残りを掛けた戦いであり、その海外展開に必要なもの「語学」は、まず非常に大切なポイントになります。

 

 

企業の生き残りを掛けた海外展開

企業の生き残りを掛けた展開時に必要なのは、言うまでもなく語学の堪能な海外部隊です。もっと言えばその際、本当に必要となるのは「日本語を話せる外国人」よりも「外国語を話せる日本人」でしょう。

意味合いとしてはほぼ同じですが、それぞれコミュニケーションはできても、実際の中身は同じではありません。企業マインドや日本人マインドを共有しながら仕事をするなら、「外国語を話せる日本人」です。

経済の不安定な世の中で日本が頑張らなくてはいけない部分と、私たちが必要とされる部分というのは奇しくも共通しています。「海外展開とコミュニケーション」この部分を共通意識として、英会話をし、スキルアップすることの必要性を考えてみましょう。