海外に行くときに役立つ持ち物これがあれば他はいらない?5選【保存版】

海外に旅行に行くときでも荷物を用意したり、どれが本当に必要なのかいろいろと迷ったりするのが常ですが、最低限これだけは持っていった方が良いもの5つを紹介いたしますので、参考にしてみてください。

 

海外にいくなら外せない持ち物

まず、洋服や下着等の着替えや身の回りの物(化粧品や洗面道具)はここでは取り扱いません。それぞれ個人的なこだわりや嗜好がありますので、そういったものはひとまず、抜いて本当に必要なものだけを紹介していきます。

また、海外へ行く際に気をつけたいのがセキュリティ面とお金の面がどうしても私たちについて回りますそういったことを考えながら参考にしてみてください。 尚、海外にてスリにあってお財布盗難被害にあった運営者の実体験に基づくお話になりますのでそういった面でも読み進めてみてください。

 

①クレジットカード

money-256281_1280

これナシでは海外旅行はもはや行けない。というくらい最重要な持ち物です。両替の面から見てもセキュリティ面から見ても攻守バランスの取れた持ち物。

☆お金(両替)について

クレジットカードがなぜそこまで必要なのか?というと、空港その他で両替をする場合両替手数料に加え、レートが高く設定されていることが多々あります。そ れでも尚、旅行者の人は少しでも安いところを探して歩きまわったり、色々計算してみたりしますが、圧倒的にクレジットカードの決済レートの方がお得です。

また、通貨を両替した場合、日本に帰ってきたときに改めて円に両替し直す必要があったり、現地で使い切るようにお金を調整したりすることもあるかと思いま すが、カードで済ませればそんな必要は一切ありません。お金を円に戻す必要もない分お得ですし、無駄遣いもする必要もなくなります。

 

☆セキュリティについて

日本人は比較的、現金志向の強い人多いですが、海外でもお財布を広げてパンパンになったお財布を広げるのはなるべく避けたほうがいいでしょう。海外でスリにあった私でも、まだ無用心だったなと思うことが多々あります。

そういった未知なる被害にあわないためにも現金は必要以上に持ち歩かないほうがベストです。最悪被害も抑えられますし、カードであれば止めて貰えれば被害はほとんどないでしょう。

また、海外での保険が付帯しているカードもありますので、そういったカードを持っていればまさに守りは強固になるでしょう。

>>> おすすめの海外保険つきクレジットカード

 

 

②薄いお財布

credit-squeeze-522549_1280

上記のクレジットカードに重複する部分もありますが、基本的に現金パンパンのお財布を持ち歩くのは得策ではありません。安全面やスリ等の被害がもし起こっ てしまった場合も想定してせめて日本円は海外旅行中は両替時以外ほとんど必要ないので別で保管するとか小銭は整理するとかしたほうがいいでしょう。

個人的には、私は海外中のお財布は別にしていました。いつも使っているお財布とは別にカードと現地通貨を入れたセカンド財布を用意していました。

なぜ薄い財布なのか?というと肩掛けのショルダーバックに入れたお財布をスラれた経験よりお財布はバッグや手さげに入れず肌身離さないようにする意味と、前ポケットに入れる際に邪魔にならないための意味で薄いお財布にするようになりました。

>>>海外に持って行きたいお財布

 

 

③スマホ、パソコン

iphone-6-458159_1280

これは、もっていない人の方がもはや少ないかと思いますが、ネット環境があれば大体のことは解決できます。スマホがあればガイドブックもいらないですし、現地の言葉が分からなくても地図を見せればなんとか目的地にたどり着けるので、もはや必須のアイテムでしょう。

カードの利用状況やレートも確認できるので、旅行中のお金の管理やリアルタイムレートの状況にも力を発揮する文明の利器です。私は、香港旅行中にSIMフ リーのスマホを買っていく先々でSIMを買ってはネットにつないでいましたが、今は短期間なら空港でポケットWIFIを借りた方が便利ですので、そちらを おすすめいたします。

現地のSIMを買ってネットにつなぐ場合、国の携帯キャリアのプランを調べないといけないので正直面倒でしたし、ネットワーク設定も面倒な場合がありました(特に中国)

>>> おすすめのポケットWIFI

 

 

④バックパック(大もしくは小)

travel-641635_1280

キャリーケースの方がスタイリッシュでかっこいい部分はありますが、観光中にキャリーケースをずっと持ち歩くわけには行きません。なので、手軽に荷物を入れられるバッグは持っていった方がいいでしょう。ただし、貴重品はバッグに入れてはいけません。

旅行中、身なりもおしゃれでいたいという女性の方は、なるべく密着度の高いカバンやバッグを選ぶことをおすすめ致します。もちろん行く国や旅行する地域にもよりますが、防げる被害はあらかじめ対策しておくのが賢い旅行の仕方でしょう。

女性は特に化粧品等を持ち歩くケースが出てくることもあるかと思いますが、なるべく必要なもの不必要なものを整理して持ち歩くものは最小限にした方が旅行中はスッキリしていて安全面でもいいかもしれません。

 

 

⑤圧縮袋

luggage-970280_1280

最後は、便利道具といったらこれです「圧縮袋」。旅行の行きはともかく、帰りはお土産やお買い物で荷物が増えるのが常です。そういったスペースを確保するためにも圧縮袋は欠かせません。

航空会社によっては、機内持ち込みが緩いケースもありますが、基本的には重量が決められています。超過した場合はexcess(エクセス=超過分)を払って飛行機に乗せるしかありません。

そのため、持ってきたキャリーケースもしくはバッグにうまく詰めて帰るのが荷物もスッキリしていいでしょう。そのためにも圧縮袋をうまく利用して荷物をまとめていきましょう。

 

海外に持って行きたい持ち物まとめ

まずはこの⑤つの持ち物を確認しましょう。あとはどの洋服にしよう。どの靴にしよう。と色々と迷ったりすればいいかと思います。一番最初にこれらを確認しておけば、最悪手ぶらでもOKでしょう。なんとかなります。

海外に対して余計に不安や心配を煽るのが目的ではありませんが、日本と海外とでは環境が違うというのは認識しておくに越したことはありません。

逆に日本の安全面への気づきや住みやすさということを時間するいいきっかけにもなるかもしれませんし、何百分の1や確率の低い話であっても、被害を最小に抑えるための準備をしておくことは何も悪いことではありません。

万が一という言葉がありますが、海外においても同じことです。ただし、その万が一のケースに遭遇した場合、言語が違う国での対応というのはとても大変かつ面倒なことがとても多く、滞在日数が限られているなかでの対応というのができることに限りがあります。(経験者は語る)
なので、事前の防衛や準備というのを馬鹿にせず、できることはやっておくことを強くおすすめ致します。