香港のワーキングホリデー情報

hong-kong-28442_1280

香港のワーキングホリデー詳細

香港
公用語 中国語、英語
定員 250人
期間 入国から1年間
申請手数料 無料
申請方法 本人が中国大使館・総領事館へ、または香港政府一站通へ郵送
備考 ビザ取得日から3ヶ月以内に入国すること
年齢 18歳~30歳

 

香港の特徴

イギリスから中国へ返還された香港は、英語と広東語が混じる言語、種族豊かな地で、金融街としても有名です。ビジネスマンやグローバルに活躍する人にも高い人気を誇る銀行「HSBC」は世界でも有数の国際銀行です。

香港では、飲茶文化が発展しており、外食が一般的になっています。そのため家で料理をしないという家庭ではキッチンがない家あるから驚きです。

経済特区として様々な企業を誘致してきた香港は、日本企業も多く進出しておりそのビル群の夜景は100万ドルの夜景と呼ばれているビクトリアハーバーでも有名。

 

香港の街

都市部の若者文化は日本と同じように西洋文化と東洋の文化が混じったような感じになっており、近代的なビル群もあれば、ザ香港といった感じの込み入った住居がところ狭しと混在しているような街並です。

また、香港から本土の中国には電車を利用し陸路で行けるようになっており、毎日買い物や仕事で行き来する人もいるほど行き易くなっているので観光にももってこい。

古くから中東やインドからの移民、イギリスの植民地時代と移民が多く、いろいろな人種がビジネスを通して英語を使っている。ビジネスでは英語は出来て当たり前で香港を楽しむためには広東語も勉強する一石二鳥でワーホリに挑戦するのもありでしょう。

 

ワーホリの情報を集めるなら

留学、ワーホリ先の資料一括請求「留学style」



 ポイント

無料で留学先の資料請求可能
行き先、目的別に問い合わせ可能
一分の簡単入力でラクラク申し込み

公式サイトボタン