【実践】オンライン英会話で面接対策ができるビジネス、就職向きの英会話サービス

ビジネス英会話にぴったりなオンライン英会話

document-428334_1280

英会話を勉強する動機として外せない理由の多くがこの「ビジネス向きの英会話」があげられるかと思います。

 

グローバルグローバル叫ばれてもう長いですが、以前海外で活躍の場を求める人や、海外の取引先との関係で英会話を始める人も多いのが今の日本を取り巻く状況になるでしょう。

 

より多くのチャンスと可能性を考えるのであれば、英会話を勉強することは自分の強みともなるでしょう。

参考リンク:今のうちに英会話のスキルを身に着けた方が良い理由

 

 

ビジネス対策がしっかりできるサービスとは?

calculator-178127_1280

ビジネス向けの英会話の勉強を考えた上で大切なのは、日常会話のプランとビジネスに特化したプランと選べるタイプのサービスがやはりおすすめです。

 

ビジネスの場における英語というのは

check-c02専門的な語彙とフォーマルな言葉使い

check-c02ビジネスにおけるシチュエーションを疑似体験できる

check-c02面接対策や英語やプレゼンテーション対策もできる

 

といった、ビジネスのシーンで一通り考えられることを網羅したサービスを選ぶのが一番です。オンライン英会話の講師といっても、やはりピンキリというのが実情で、ビジネスにおける注意点や問題点を知ったうえで英会話を教えてくれるケースというのは、一般の日常会話のみのプランではなかなか実現しずらいというのが正直なところでしょう。

 

 

ビジネスの特化したオンライン英会話サービス

bizmate

上記のビズメイツは、名前の通りビジネスに特化したタイプのオンライン英会話サービスになります。一般的なオンライン英会話では、ほとんど日常会話をベースにしているものがほとんどなので、ビズメイツのようにビジネスに特化した英会話サービスというのは珍しい部類に入ります。

 

ビズメイツ概要

ビズメイツ概要
ビズメイツ概要
料金プランプラン

・毎日50分プラン(25分レッスン×2回):18,000円
・毎日25分プラン(25分レッスン×1回):12,000円

コース

・Bizmates Program(ビズメイツ プログラム)
オリジナル教材に沿ったカリキュラムで学習

・Assist Lesson(アシスト レッスン)
作成された英文・メールの添削等、受講生のビジネスをサポートすることを目的としたコース

※毎回のレッスン予約時に選択できる
レッスン形態マンツーマン
レッスン時間1コマ25分
支払方法Paypal,銀行振り込み
受講可能時間帯平日(月曜 ‐ 金曜) 5:00~9:55 / 18:00~24:55
土曜・日曜・祝日   7:00~11:55 / 18:00~24:55
講師出身国フィリピン
日本語対応
教材オリジナルテキストのみ
予約についてレッスン開始15分前
キャンセルについてレッスン開始1時間前
退会方法有効期間満了2日前までに申請

 

 

ビズメイツの特徴とサービス

bizmete-mensetu

icoon-monocheck受講生のレベルに合ったカリキュラムを組み、ビジネスにおいて成果をあげる体系的なプログラム

icoon-monocheckスピーキング、メール等のライティング、オリジナル教材でスキルアップ

icoon-monocheck面接対策、英文メールの添削、プレゼンの練習

 

等、ビジネスありきで考えられたカリキュラムを受講生の理解度に応じて、ビジネス英語のスキルアップを目指すビジネス特化型の英会話サービスになっています。

 

また、

orijinaru-biz

テーマ別の英会話の使用例や面接対策など、オリジナル教材が充実しており、様々なビジネスシーンでの英語の利用を想定して作られています。

 

EX)

◆海外出張編

◆Eメール編

◆電話対応編

◆プレゼンテーション編

etc,,,,,,

 

 

言葉の使い方は人を表す

portrait-53899_1280

英語に限った話ではありませんが、日本語においても言葉使いや語彙のチョイスなど、その人の人間性を表すひとつの判断基準となっています。

 

乱暴な言葉を使う人は、乱暴に見られてしまうのは人間の性ですし、上品な言葉を使うひとは上品に見えてくるというのも私たちの世界ではよくある話です。

 

また、英語において「日本語のように敬語が無い」と言われてずいぶんと経つと思いますが、英語においても丁寧な言葉やフォーマルな場においての言葉使いというのは当然あります。

 

そして、ビジネスの場において、言葉で相手に変な印象を与えかねないのであるならば最初からビジネス英語を身に着けるあるいは勉強するに越したことはありません。

 

英語が伝わればいい。意思疎通ができればいい。というのは、日本語で同じことが通用するかどうかを一度考えてみてビジネスのシーンでの英会話というのを考えた方がいいでしょう。