【座学は不要?】オンライン英会話の効果をスピーキングの練習の場として実感する

英会話の場としてのオンライン英会話

exchange-of-ideas-222788_1280

英会話を座学で勉強して話せるようになるというのはなかなか難しいものがあります。これは、私たちが受けてきた教育やそのやり方で照明されているものですし、それと同じようなやり方をしても一向に話せるようにはならないでしょう。

 

そのために、実際に英語で会話をしながら学ぶこと。相手とのコミュニケーションの中で会話を自分の中で馴染ませていくというのが英会話を話す一番の近道でしょう。

 

オンライン英会話では、「時間も場所も問わず安く英語を話す機会をもてる」という意味で、非常にサービスとしても環境としても便利なサービスになります。

 

 

私たちが受けた英語教育

apple-256261_1280

冒頭でもお伝えしたとおり、私たちが受けた教育が英会話スキルへどう役にたったのか?あるいは、どういったカリキュラムで英語の授業を受けていたのかを客観的なデータと共に見ていきましょう。

 

下記は、文部科学省が行った、現役高校生へのアンケートを行ったデータになりますので、現場の状況をを確認してみてください。

anq1 anq2

※文部科学省「英語教育改善のための調査研究事業に関するアンケート調査」http://www.mext.go.jp/a_menu/kokusai/gaikokugo/1299796.htm

 

このデータが示している通り、私たちの英語教育の中では、英語のルールや基礎といったものに多くの時間を費やしてきたのがお分かり頂けるかと思います。

 

もちろん、そういった基礎的な部分。文法やルールというのは、英会話においても大切なものです。軽視できるものではありませんが、「スピーキングという意味で、勉強をしてきたか?」という問いには、必ずしも「充分である」とは言えない状況でしょう。

 

 

 

スピーキングの場と会話の練習

conversation-687877_1280 (1)

こういった学校のカリキュラムで「日本人は英語が話せない」というのは少し強引だと思いますが、私たちが英語が話せないという理由のひとつとして十分な理由になりうるでしょう。

 

スピーキングの勉強をしていなければ、話せないのはなんら不思議ではありません。戸惑うのも無理のない話です。であれば、するべきことは明確です。決まっている。答えが出ているといっても過言ではないでしょう。

 

スピーキングの勉強をする。

 

これに尽きます。座学は、学校でしてきた。英語で話せるようになりたければ、英語を実際に話してみることが一番です。経験を通して力にしていきましょう。

 

 

英会話は数をこなす

children-428909_1280

英会話の勉強でよく子供の吸収力や覚えの早さが引き合いにされることが多いです。おそらくみなさんも聞いた事がある。知っているという方もいるでしょう。

子供は、文法や言葉を知っているわけではないけれども。自然と言葉を覚えていく。

それは、間違いを恐れずにトライすることの繰り返しで言葉を習得していく。大人はそれができずに最初から完璧を目指し、臆病になることで習得が遅れる。

 

ニュアンス的にはこういった話しでしょうか。覚える早さや記憶力の違いは、よく言われますが、これは的を射ていると言っていいでしょう。

 

英会話は慣れです。日本語で会話が可能であれば、英語でも当然会話可能のハズです。それは、日本語同様に、経験を重ね自分の中での定型文を増やすことが一番です。

 

日本語においても文法を気にして話しているひとはまずいないでしょう。自分の中にあるフレーズや定型文を引っ張り出して言葉にしていることの方が圧倒的に多いはずです。

 

英語においても例外ではなく、数をこなす。経験を積むことが英会話習得への一番の近道です。

 

◇ 英会話サービスの前に ◇英会話サービスを利用するポイント ◇目的でサービスを選ぶ
beginner point checkitout
オンライン英会話サービスを始める前に必要なこと

オンライン英会話の特徴

オンライン英会話サービスを選ぶポイント
オンライン英会話を始めるまでの流れ
オンライン英会話サービスで気をつけたい3つのコト
安く英会話を学びたい
ビジネス英語を学びたい
ネイティブからしっかり発音を学びたい