【基本】リスニング、ライティングの基礎があってこその英会話と勉強法

earphones-791188_1280

よく言われる話ではありますが日本人は、学校で長いこと学習するのに、英語が使えないことが話題になります。時にはジャパングリッシュ(日本語英語)と揶揄されたりするケースもあります。

ところが、一般的に日本語はESL環境(第二言語として母国で話す言葉ではなく、日常では使う機会が殆どない’外国語’学習環境)として英語を学ぶ場合、学習面においても少しに工夫が必要になって来ます。

英語学習において重要な基礎とぶつかる壁

IMGP1004

中上級者が特に直面する問題は、「話す以前に、相手のネイティブが何を言っているのか聞き取れない」・「ビジネスで使う定形文のライティングはある程度覚えて出来るけれど、他の様々な分野で英語で意見を述べるような場面になると表現につかえる」等、読み以外の聞く・話す・書くの3分野全般に関することが多いのではないでしょうか。

大人になってからでは、そもそも聞き取り能力は上がらないのでは、と尻込みをされる方もいらっしゃいますが、大人になってからでも、これら3分野の学び方を工夫することで、上達し続けることは十分可能です。

英会話におけるリスニングとスピーキング

大人になってからでは、母語にない音は聞き取りにくくなっています。

「聞き取れない音は、発音できない」とトマティス博士の有名な理論がありますが、これを徐々に克服する方法として、ネイティブの子どもがやっているフォニックスという方法で、英語の発音の基礎を勉強することをおすすめ致します。基礎をたたきこむことで、自然と舌動かし方もわかるようになります。

フォニックス-wikipedeia

フォニックス: Phonics)とは、英語において、綴り字と発音との間に規則性を明示し、正しい読み方の学習を容易にさせる方法の一つである。英語圏の子供や外国人に英語の読み方を教える方法として用いられている。

フォニックスでは例えば「発音 /k/c, k, ck のどれかで書かれる」のように、ある発音がどの文字群と結び付いているかを学び、それらの文字の発音を組み合わせて知らない単語の正しい発音を組み立てる方法を学ぶことができる。

それぞれの英語特有の音にフォーカスし、発音と聞き取り能力の向上が期待できます。同時並行して、多聴多読を出来るだけ沢山します。アウトプットに至る為には、ひたすらその言語に浸り、慣れることが必要です。

シャドウイングやリピーティング、すこし単語を入れ替えたりして、イントネーションを体得し、出来るだけ口の筋肉を動かす訓練をします。ここでひとつポイントなのは、多読多聴で、単なる聞き流しは避け、かならず同時に行うか、意味がしっかり分かるものを選ぶようにします。子ども向けのものなどから初めるのが、心理的負担もなくおすすめです。

英会話におけるライティング

英会話において、さほど意識されることのないライティングになりますが、文の構造、組み立て方を復習するのに非常にいい勉強になります。

定形文でない場合のライティングは、スピーキングの延長でもあり、まずは、日記や出来事の感想等のフリーライティングを多くする機会を作るといいでしょう。

自分が作れた英作文は、実際の場面でも頭にすぐ思い浮かび、応用することも容易です。英作文自体も、英語のルールや文法を知らなければできないものになりますので、軽視せず取り組みましょう。

今は、気楽にインターネットで語学シェア、世界の人たちと繋がることができます。そういった便利なものやSNSを通じてランゲージエクスチェンジを楽しみ、海外にペンパルを作ったり、添削しあったりして、自然な表現を身につけて行くことも力になります。

自信を持って、実際に使ってみること、友だちを持つことなども大きなモチベーションにつながりますので、そういった意味でも取り組むといいでしょう

英語を話せるようになるためのリスニングとリーディング

英語だけでなく、外国語を習得するためには興味があることが最低条件です。就職で必要だとか、仕事で必要というのもモチベーションにはなりますが、興味がないと続けることができません。そして次に大切なのは、文法を考えながら話すのではなく日常生活で不可欠な文章は丸暗記して覚えてしまうことです。頭で考えずに空で言えるほどになると、それと似たシチュエーションに遭遇すると応用できて話せるようになります。

また、英語を聞き取ろうとする努力もとても大切です。「聞き流すだけで英語が話せるようになった」といった宣伝文句をよく耳にしますが、経験上これはなかなか難しいでしょう。聞き流す前にまず日本語を読んでこれからどういう内容の話が聞こえるのかと想像して聞くようにするなら効果はあると思いますが、そうでなければなかなか集中力が長続きしないので、聞き流すだけでは難しいと思います。

リーディングと語彙力をアップさせる方法としておすすめなのは洋書を読むことです。これはかなり効果が高いです。わからない単語は飛ばし読みし、どうしても意味が分からない単語だけを辞書で調べます。それ以外はざっと読み通すようにします。何十ページか読んだ頃にはすらすら意味がわかるようになっています。本選びも必ず自分の興味ある内容のものを選んぶことが大事です。

ネットでできる英語の勉強

ひと昔前では考えられなかったようなことが今はネットで可能になっていますが、英会話の勉強においても日々便利になっています。例えば、ネットであれば米国、英国のみならず世界中の英語のニュースや娯楽番組がタダで聞けます。

どんな番組でも構いませんが、簡単にネイティブの英語を聞けてリスニングの勉強が可能です。今何を話しているのかを聞き取る訓練に最適です。なによりタダですし、今話題なったキーワードが必ず出てきますので、より理解しやすい傾向にありますし、どんどん友好的に活用していきましょう。

また、ニュースのみならず天気予報、交通情報、娯楽・コメディ、音楽のチャンネルといったように興味のある領域でリスニングの勉強ができるので非常におすすめです。こういったネットラジオを寝る前に30分聞き流しながら練習すると、段々とキーワードが分かるようになりますので是非試してみましょう。

本格的に英会話の勉強をする

onlineressoncomp

オンライン英会話 英会話レッスン
☆☆☆☆☆ 価格 ☆☆☆
☆☆☆ サポート ☆☆☆☆☆
☆☆☆☆☆ 時間、場所 ☆☆
☆☆ 安定 ☆☆☆☆☆
osusumeonline osusumeresson