【確認】反省と再度勉強のためのCHECKにおすすめの英会話勉強法

checkkakunin test


 

インプットで蓄えた英語や英会話に関する知識を、あらためて確認するステージになります。自分がどこの部分に対して理解できていて、逆にどの部分が苦手なのか?という確認作業をここでしましょう。

 

自分ひとりで勉強している場合だと、どうしても独りよがりなものになりがちです。英会話においてどこの部分の知識あるいは単語等が必要なのか?というのをしっかり確認し、無駄のない勉強で英語をものにしていきましょう。

 

 

CHECKにおすすめの勉強法

part7

CHECKのステージではとにかく、自分の弱いところを確認して強化していきましょう。その力が基礎となり、しっかりとした土台の上に英会話の能力を置くことができます。

 

よりスムーズな英会話への導入のためにも億劫がらずにしっかりチェックしてきましょう。それが次に繋がる英会話習得への近道となります。

 

CHECK 記事
TOEICで確認 TOEIC試験概要
TOEIC試験パート1
TOEIC試験パート2
TOEIC試験パート3
TOEIC試験パート4
TOEIC試験パート5
TOEIC試験パート6
TOEIC試験パート7
 ラジオ、ニュースでチェック  リスニングの勉強しながらニュースも英語で聞こう
 英会話の勉強におすすめなニュースサイト
毎日コツコツ、ラジオ英会話を聞き書いて覚えるおすすめの勉強法
和製英語、カタカナ英語には気を付けよう

 

客観的数値として結果がでるTOEICなんかも、チェックする際に有効に使っていきましょう。基本的に英会話においてTOEICの点数は必要ありません。

 

企業や就職の際には、点数自体を見られるでしょうが、英会話を行うにあたって点数は評価にはなりません。あくまで、自分の英語に関する知識や文法のルール等をどこまでしっているか?という程度の指標の目安として活用するといいでしょう。

 

点数だけ取るのが目的の方も多いかもしれませんが、ゴールを「英会話」におくのであれば、点数は問題ではありません。確認のツールとして利用する方がより効果的にTOEICを活用できるでしょう。